広告   

タイガーマスクW 25話「虎の正体」

GWM主催「WAR GAME」、

勝戦はGWM世界ヘビー級タイトルマッチ

ザ・サード VS タイガー・ザ・ダークに。

 

試合前、ダークからの頼まれていた事を伝える来間記者。

イエローデビルの消息については

3年前の試合以降、公式記録無しとのこと。

ダーク「そんな事は・・・(既に知っている)」

そして、イエローデビルが姿を消してから

現れるようになったのがザ・サードだと。

視聴者「そんな事は・・・」

 

一方、意識を取り戻したタイガーも
ふくわらさんからザ・サードの正体がイエローデビルだと告げられる。

それを知ってザ・サードのところへ向かおうとするも

当然ふくわらさんに止められます。

今回挑戦権を得たのは、タイガー・ザ・ダークだと。

タイガー「タイガー・ザ・ダーク・・・なんでこうも俺の邪魔をする!」

その邪魔の中にはルリコさんの事も含めてますよね?w

 

そしてダークは、ザ・サードの正体をあばくため

負けたらマスクを脱げとザ・サードに迫り、

ザ・サードもそれを受けお互いのマスクを賭けることに。

ダークの猛攻の前に防戦一方にみえたザ・サード

しかし、解説のふくわらさんによれば

まずはチャレンジャーに攻めさせ、それから反撃に転じる

「チャンピオンらしい戦い方」とのこと。

 

そんなザ・サードが「お前に答えをくれてやろう」

という言葉と共に放った技、

それはかつてイエローデビルが得意とした「デビルトルネード」!

「お前も父親のようにつぶされるのか?」

と、コーナーにダークをかつぎあげて「デビルズクラッシュ」の体制に。

しかし、ダークそれをこらえて

逆に雪崩式ネックブリーカードロップでマットにたたきつける!

そこからフォールには行かず
父、大助が食らった攻撃を再現するかのごとく

ダウンしているザ・サードに攻撃を加えていく。

そして、いよいよとどめとばかりにダークネスドライバーの体制に入る!

・・・が、すかさず返すザ・サード

 

確かに、3年でダークは強くなったが

所詮イエローデビルの必殺技を破ったにすぎない。

そう言って放ったのは、ザ・サードの必殺技「サクリファイス」。

相手の足を4の字に固め、

そのままの形でウルトラタイガードロップのようにマットに叩きつける技。

これによってKO負けとなったダークはマスクを剥がされ

タクマであることが明らかとなります。

もちろん、父、大助にも、そして・・・タイガーにも。

 

そんなわけで、圧倒的強さを見せつけたザ・サード

元イエローデビルであることも明らかになりましたが、

それよりは「タイガー・ザ・グレートを祖父に持つ」

という事の方が驚きだったのではないでしょうか。

タイガー・ザ・グレートの三代目だからザ・サード

なのかと思いきや、三代目は三代目でも血縁者でしたと。

とはいえ、

「タイガー・ザ・グレート・ザ・サード

はさすがにどうかと思ったw

 

あと、今回使ったザ・サードの必殺技である「サクリファイス」。

技の説明でちらっと書きましたけど

やはり初代タイガーの必殺技であった

「ウルトラタイガードロップ」を彷彿とさせるんですよね。

「ウルトラタイガードロップ」の弱点を改良した技、

という風にも見えて色々と興味深いです。

 

 

次話

前話

広告を非表示にする