読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 南城・十両組 VS 吉井・ガッシュ組

f:id:LITTLEWING:20170408111149p:plain

今回のスペシャルワンマッチは、

滝沢・豪徳寺組 VS 崖ノ下・友野組戦に続いての世代闘争タッグマッチ。

ナウリーダー側は女帝直下の十両と凶獣の南城コンビ。

ニューリーダー側はサンモニの吉井と凶獣のガッシュコンビとなります。

 

f:id:LITTLEWING:20170408112431j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408112436j:plain

吉井がガッシュに声をかけて成立したこのタッグ。

どうやって戦いに加わろうか悩んでいたガッシュからしてみれば

渡りに船だったわけですが、吉井に聞いておきたいことが。

 

ひとつは「なぜやる気になったか?」

このような戦いに積極的に関わる性格ではなかったはず、

ガッシュが言うように実際最初は乗り気ではなかった吉井。

f:id:LITTLEWING:20170408112943j:plain

「リーダーがやられたのに黙ってみているというのは

キャラどうこういう以前にレスラーとしての矜持に関わる」

と以前言っていたように、あかりの敵討ちという建前ではありますが

実際のところはハミングにハッパをかけられたため、

だったらそのハミングよりも先に動かないと・・・と

即行動に移したようで。

 

そしてもうひとつは「パートナーになぜガッシュを選んだか?」

ただこの問いに対しては明確な答えはなく

f:id:LITTLEWING:20170408113609j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408113613j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408113616j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408113621j:plain

カンでガッシュを選んだということで話を終わらせておけば良かったのに

なんで言語化したw

吉井曰く、

自己主張は控えめだけど静かでおとなしくて

その分凝縮されていて

いつか爆発する機会をうかがっている、そんな筋肉。

その筋肉に呼ばれたと・・・

言語化したら余計にわからなくなったんですが(^^;;

 

それはまあさておき、ここでガッシュは質問をもうひとつ追加。

f:id:LITTLEWING:20170408114118j:plain

今日の試合に勝ったら、次に何を求めるのか?

今回の世代闘争、ナウリーダーの上位陣を倒さない限りは

麗への挑戦権は得られません。

そのため、次の行動を気にしたわけですが

f:id:LITTLEWING:20170408114358j:plain

吉井は即答でKOMと。

加藤と山口がKOMを掛けて戦う事は既に決まっているので

その勝者に挑みたいという吉井。

麗を目指すのはそれを果たした後だと。

対して、ガッシュはどうなのかというと

f:id:LITTLEWING:20170408114614j:plain

こちらはあくまでも麗への最短ルートを目指すということで

別のナウリーダーを狩るつもりだと。

もちろん、そのためにまずは今回の試合に勝たなければ

話は始まらないわけですが。

 

で、その対戦相手であるナウリーダー側はというと

f:id:LITTLEWING:20170408114949j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408114953j:plain

「変態揃いの女帝直下」とか、酷い事言われてる件w

咲川は割と常識人だと十両がフォローしようとするも

残り三人は変態だと思っているわけですね、

と返されてぐうの音も出ない十両

f:id:LITTLEWING:20170408115317j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408115322j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408115326j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408115330j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408115333j:plain

変態であることはさておき、レスラーとしては頼れる仲間だと言いつつ

自分の方がいつまで女帝直下を名乗れるか・・・と珍しく弱気な十両

そう、十両の膝は予想以上に悪いようで

現役でいる以上、今より良くなる事は望めないとのこと。

相撲に憧れて武道を始めた十両

大きく、重く、力強くある事が十両の本懐。

しかし、それを貫こうにも足の方が耐えられなかったと・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20170408115454j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408115501j:plain

f:id:LITTLEWING:20170408115505j:plain

そして、どのくらい持ちそうなのか明確な時期は示さなかったものの

大舞台に出られるのは、おそらく今回が最後なのではないかとのこと。

そんな十両のためにも、今日の試合が

十両のプロレス人生においてささやかな花となればと

自分に声をかけてくれた十両に報いようと決意する南城。

 

そんな互いの思惑はさておき、両チームとも組むのは初めてでしょうから

各個人の戦績でも参考までに載せておこうかと。 

南城蛍 6-3
○ 井上・南城・細野組VS菊池・豪徳寺・ソニックナイト組 後日談  
× 南城、細野組 VS シュバルツ、霧島組    
○ 南城、細野組 VS 十両、咲川組    
× 菊池・南城組 VS 姫小路・霧島組(TWPタッグ) 後日談  
× 麗雫 VS 南城蛍(TWPシングル)    
○ 菊池・南城組 VS ガッシュ・友野組(TWPタッグ) 後日談  
○ スパイダー菊池・南城蛍組VSブレイブ勇子・円陣光子組 後日談  
○ 神崎&さわり VS 菊池&南城 後日談  
○ プロミネンス加藤&滝沢泉VS南城蛍&スパイダー菊池    
ミス・十両 2-2
○ ファイヤーオルカ VS 十両・ウズメ組[ワンマッチ]    
× 南城、細野組 VS 十両、咲川組    
× 姫小路由樹&ミス・十両 VS ブレイブ勇子&円陣光子    
○ 十両&榎下VS山崎&御門    
マジョラム吉井 1-2
× マジョラム吉井 VS プロミネンス加藤 後日談  
× あかり&マジョラム VS 一ノ瀬&ホワイトフェイス    
○ あかり&マジョラム吉井VSブラッディ井上&シャドウ細野    
ロイド・ガッシュ 3-3
× ガッシュ、さとり組 VS シュバルツ、霧島組    
× 友野・ガッシュ組 VS えり子・いろり組    
× 菊池・南城組 VS ガッシュ・友野組(TWPタッグ) 後日談  
○ 一ノ瀬・ホワイトフェイス組VSガッシュ・友野組    
○ ラナ&麗 VS ガッシュ&友野 後日談  
○ 田中えり子&ディアナ・ライアルVS友野なるみ&ロイド・ガッシュ    

南城は菊池と組んでタッグ王者に君臨していたこともあって

4人の中ではダントツの成績。

しかも、麗とのタイトル戦を除けばすべてタッグで

その成績も6勝2敗と申し分なし。

それに次ぐのが同じく凶獣のガッシュで、

こちらは6試合すべてがタッグなんですが

3連勝の後で3連敗とここのところいいとこなしなので

そろそろ連敗を脱したいところですが。

 

そして結果はというと・・・

f:id:LITTLEWING:20170413223259p:plain

3-1で吉井・ガッシュ組の勝利!

終盤に南城・十両組が逆転するシーンもあったようですが

基本はニューリーダー側が試合のペースを握り

その終盤も慌てる事無く差しかえした、といった感じでしょうか。

ともあれこれで、吉井はKOMへの道を、

ガッシュは麗への道を一歩進めたという事に。

っていうか、吉井のダイビングボディプレスとか受けちゃって

十両さんホント大丈夫ですかね・・・。

広告を非表示にする