広告   

【リングドリーム】SEVEN DAYS EMBLEM 7試合目 麗雫 VS ラズベリー咲川

f:id:LITTLEWING:20170316205008j:plain

「SEVEN DAYS EMBLEM」メインイベントはTWP世界無差別級選手権試合。

王者、麗雫の初防衛戦に名乗りを上げたのは

女帝直下のラズベリー咲川。

霧島に圧勝した勢いで麗にぶつかっていきます!

 

f:id:LITTLEWING:20170316210002j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316210007j:plain

麗が望む「新しい世代で頂点をやりあえる土壌」。

これに咲川は賛同するといい、

咲川が勝った場合でもその方針は引き継いでいくつもりだとか。

ただし・・・

f:id:LITTLEWING:20170316210012j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316210016j:plain

麗とは違い、咲川は上の世代と戦って勝利してきたわけではないので

若い世代を相手にするだけではダメだと。

上に力を示すためにも、上の世代がその若い世代を返り討ちにした場合は

その人とも戦うと・・・

つまり、結果を出した相手なら誰とでも戦うというのが咲川の考え。

f:id:LITTLEWING:20170316210025j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316210029j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316210033j:plain

そして・・・その先にある咲川の夢。

それは、女帝直下皆の目標だったはずの「打倒神崎」。

大言壮語と言われるかもしれないけれど、

それを明言することが咲川の覚悟なのだと。

 

f:id:LITTLEWING:20170316212200j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316212204j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316212209j:plain

そんな咲川の夢を笑ったりはせず、夢は大きなほどいいと

むしろ応援したいかのような麗。

しかし、麗には麗の夢がある。

「自分の手で時代を動かしたい」

そのためには、咲川を応援することは出来ない。

 

f:id:LITTLEWING:20170316212216j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316212227j:plain

だからあとは、お互い夢をかなえるためにリングの上で語り合おう。

最初の挑戦者に相応しい実力を私に見せてみろ!

そう言わんばかりの王者、麗。

 

そして、メインのコメンテーターは一ノ瀬さんが行うんですが

f:id:LITTLEWING:20170316213415j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316213420j:plain

ナイトさんに続いてのノーコメント。

いや、都坂もろくにコメントしてなかったのを考えると

今回、約半分がコメントなし?(^^;;

f:id:LITTLEWING:20170316213611j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316213615j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316213618j:plain

2人が新人の頃を知っている一ノ瀬としては

感慨深いものがあるようで。

しかしこの話

f:id:LITTLEWING:20170316214126j:plain

思わぬところから同意の声がw

f:id:LITTLEWING:20170316214151j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316214155j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316214158j:plain

f:id:LITTLEWING:20170316214202j:plain

麗を中二病ネタで弄るのはこれまでもありましたが

まさか咲川までもが弄られようとはw

でも、さすがに2人ともいっぱいいっぱいのようだったので

ここらでストップ。

 

今回も試合予想とかはなかったので、

一応両者の戦績を7連戦記事絞り込み検索で見てみますと・・・

 

麗雫 7-2
○ スパイダー菊池VS麗雫(TWPシングル) 後日談  
× 麗雫 VS スパイダー菊池(TWPシングル) 後日談  
○ 麗雫 VS 南城蛍(TWPシングル)    
○ 麗雫VS友野なるみ(TWPシングル) 後日談  
× ラナ&麗 VS ガッシュ&友野 後日談  
○ 麗雫 VS ソニックキャット(TWPシングル)    
○ 麗雫VSシュバルツ・ネーベル    
○ 麗雫VSヴァンプ鈴森    
○ 麗雫VSマーズ野々村(TWPシングル)    
ラズベリー咲川 3-5
○ 霧島梨花 VS ラズベリー咲川[ワンマッチ] 後日談  
× シュバルツ、霧島組 VS 咲川、さわり組(TWPタッグ) 後日談  
○ 姫小路・榎下組VS咲川・さわり組    
× ナイアガラロック VS 朧双花 後日談  
○ ラズベリー咲川 VS 社務さわり 後日談  
× 南城、細野組 VS 十両、咲川組    
× 神崎玲子&社務さわりVS霧島梨花&ラズベリー咲川    
× シュバルツ&咲川VS塩味&雪女    

こんな感じ。

やはり麗圧倒的。

咲川は、最近ようやく持ち直してきたわけですが

勝てない期間が長かったため、どうしても負け先行に。

とはいえ、その勝てなかった試合はいずれもタッグであって

シングルでは実は2-0負け無し。

それこそ、霧島戦での勢いなら勝負はわからないかも?

 

 

・・・と、そんな風に思ったこともありました。

ソニックVSあかり戦に近い人数差で麗圧倒的有利に。

こうなると、38時間という長丁場も咲川にとっては不利な材料に。

結局、あかり同様に咲川も見せ場を作る事が出来ず、4-0のまま麗勝利。

f:id:LITTLEWING:20170316215318j:plain

個人的には、もうちょっといい勝負になるんじゃないかなと思っていたのですが

蓋を開けてみれば麗圧勝でした。

強い!やっぱり麗強いの一言です。

こうなると、次の挑戦者選びも困りそうな・・・(^^;;

あかりが今回脱落して、

あとは加藤とか、一箭が上の首を獲れば・・・

って感じなんでしょうが・・・うーん(^^;;

広告を非表示にする