広告   

【リングドリーム】SEVEN DAYS EMBLEM 4試合目 石狩みな VS 一箭遙

f:id:LITTLEWING:20170313174248j:plain

「SEVEN DAYS EMBLEM」4試合目は滝沢組No.2を賭けた戦い。

現No.2の石狩みなと

セヴンスターを満期返上したばかりの一箭遙の試合です。

この試合の勝者が滝沢組の新たなNo.2となり、

更には組長に挑む権利を得ます。

 

 

f:id:LITTLEWING:20170313175241j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313175245j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313175256j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313175315j:plain

 滝沢組のメンバーは、一箭も含めて

その多くが積極性に欠けることを問題点としてあげ、

そんな中でも積極的に動いてきた石狩だからこそ

若くしてNo.2になったのであり

それは尊敬すべきことだと石狩を褒め称えます。

そしてその反面、自分は

出しゃばらない事が美徳だと勘違いをし

動かずにいた結果、石狩に重荷を背負わせてしまったと悔やみます。

f:id:LITTLEWING:20170313175805j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313175811j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313175816j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313175819j:plain

そんな自分が、No.2の座を賭けて戦うなどおこがましいのかもしれない。

浅ましいと思われるかもしれない。

しかし、上を目指すと約束をした。

そう決めた以上は、そんな不安や恐怖は飲み込まなければならない、と

積極的に動く事に未だ戸惑いはあるのかもしれないですが

それでも前へと進もうとする一箭。

 

f:id:LITTLEWING:20170313180143j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313180148j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313180155j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313180200j:plain

そんな一箭の負い目を真っ向から否定する石狩。

好きでやってきた事なのだから

それで誰かが気に病んだりする必要はないと。

そして、好きでやってきた事なのだから

今後も誰かに明け渡すつもりはなく、

そしてNo.2の座を守り抜いた後は組長に挑戦するんだと。

 

f:id:LITTLEWING:20170313180204j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313180207j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313180210j:plain

そして、序列的にはNo.2でいいけども、

実力的にはNo.1を目指すと宣言!

少し前は、石狩も組長超えとか考えてもいなかったように思うんですが

「いつでも首を狙いに来ていい」と言われてから

割り切った感じでしょうか?

 

そんな両者にコメントするのは、

同じく滝沢組のニューリーダーである崖ノ下。

f:id:LITTLEWING:20170313181501j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313181504j:plain

ここでも語られるのは、やはりNo.2の座について。

なんですが、さらっとNo.3についても語られている件。

既に過去形になってるあたり・・・もういない?(^^;;

それはさておき

当初の予定では、崖ノ下も一緒に競い合うものと思われていたわけですが

2人に比べると実績が劣るという自らの判断で一歩引いた模様。

もっとも

f:id:LITTLEWING:20170313181933j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313181937j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313181940j:plain

組長からも、挑戦者が1人だけというのは・・・と寂しがられたため

崖ノ下は2人よりも先にタッグで挑むとのこと。

 

あと、肝心の試合予想の方はというと

f:id:LITTLEWING:20170313182314j:plain

f:id:LITTLEWING:20170313182317j:plain

キャリアは一箭が上だけど、

石狩には切り込み隊長として活躍してきた場数が。

一撃の破壊力なら一箭だけど、技術やスピードなら石狩。

スタンドでは一箭だけど、グラウンドなら石狩ということで

崖ノ下の予想は完全に互角。

 

そして試合はその予想通りといってもいい互角の戦いに!

開始数時間はどのPFも大差がつかず、

少しの間目を話すと次の時には優勢が変わっている状態。

それでも試合が進むにつれて、徐々に石狩ペースに。

場数の違いがものをいったのかついには4-0にまで。

とはいえ、どこも100万までは開いておらず

このまま終わるとはとうてい思えず。

 

そんな一箭の反撃はヤバゲから始まります。

次にニコもひっくり返してまた五分の展開がしならく続き

そして終盤 。ハンゲもひっくり返って

一箭が逆に3-1でリード!

残り1時間を切った頃には4-0となり、

この数値だけを見ればもう決まったかと思いがちな状況。

 

しかし終わらない。まだ終わらない。

ここから石狩猛追!

残り20分を切ったとことでヤバゲ、ニコで逆転して

またもや2-2の五分!

結局はpt勝負にもつれ込むこととなり

その結果はというと・・・

f:id:LITTLEWING:20170313201911p:plain

約54万pt差で一箭勝利!

どのPFでも差が100万まで行っていないのが

本当に接戦だったのだなと・・・。

 

ともあれこれで、今後滝沢組のNo.2は一箭ということになりました。

セヴンスターで勝った選手は、

輝くのはその場限りみたいなパターンが多い中、

上を目指すと宣言した通り、まずは派閥内での序列を上げることに成功。

こうなると、今後の活躍にも期待したいところではありますが

次は組長との対決ってことになりますからね。

さすがにこの壁を超えるのは至難の業ですがはたして?

広告を非表示にする