読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】RISING CANOPUS 2試合目 カース伏久 VS 小天狗舞々

リングドリーム 7連戦

f:id:LITTLEWING:20170204113638j:plain

「RISING CANOPUS」、2試合目からはヤンドラ杯決勝トーナメント。

その最初のカードは、カース伏久 VS 小天狗舞々。

昨年に続いての決勝進出となる伏久相手に

FWWWからの刺客、小天狗がどう立ち回るのか?

 

f:id:LITTLEWING:20170204113956j:plain

f:id:LITTLEWING:20170204114001j:plain

f:id:LITTLEWING:20170204114006j:plain

f:id:LITTLEWING:20170204114010j:plain

f:id:LITTLEWING:20170204114014j:plain

f:id:LITTLEWING:20170204114018j:plain

自分が注目されていなかった事を受け入れ、

それでいてなお、「これからの自分を見てくれ」と言う小天狗。

確かに、予選が始まった時点で有力視されていなかったのは事実。

しかし

その予選ではひまわり、校条相手に見事な逆転勝利。

さすがにこれで注目しないわけはなく

f:id:LITTLEWING:20170204114559j:plain

f:id:LITTLEWING:20170204114604j:plain

伏久もバリバリ警戒していますw

ここで、今までの伏久なら

ネガティブ発言をして終了だったのでしょうが

f:id:LITTLEWING:20170204114732j:plain

f:id:LITTLEWING:20170204114736j:plain

f:id:LITTLEWING:20170204114740j:plain

f:id:LITTLEWING:20170204114744j:plain

上り調子の相手を食って、その勢いを自分のものとすると。

ぽひかメアリを相手にするための餌になってもらうと

珍しくまともなというか、強気な発言をする伏久。

 

そんな両者にコメントをするのは、伏久以上に不安でしかない兎角w

f:id:LITTLEWING:20170204115542j:plain

ひまわりとの試合で、小天狗を初めて見た兎角。

スピードだけなら、風祭の方が上だろうけれど

縦の動きもあわせるなら完全に小天狗の方が上だと。

むしろ、ソニックや赤津にタイプとしては近く、

その2人よりも身体が小さい分より軽やかに感じるほどだと。

f:id:LITTLEWING:20170204120020j:plain

f:id:LITTLEWING:20170204120023j:plain

しかし、そこは小兵の悲しいところ。

捕まえてしまえば、その動きも脅威ではなくなると。

ひまわりや校条では捕まえきれなかった小天狗ですが

ねちっこさに定評のある伏久なら捕まえられるのでは?

f:id:LITTLEWING:20170204120229j:plain

そんな感じで、同じ東女所属という贔屓目も含めて

伏久有利というのが兎角の予想。

っていうか・・・兎角さんまともにコメント出来るじゃん!w

f:id:LITTLEWING:20151027163253j:plain

f:id:LITTLEWING:20151027163257j:plain

こんなやりとりしてた頃が懐かしい・・・w

 

さて、肝心の試合の方はというと、最初から完全に伏久ペース。

これはいきなり捕まってしまった感?

しかし、最初劣勢なのは予選でも同様でした。

終盤の猛追が今回もあり得るのか否かが見所となりそうですが・・・

結果はハンゲがひっくり返ったのみで

「天狗の仕業」は残念ながら成らず。

小天狗の勢いがここでついに止まってしまいました。

そして、伏久はこれで

ぽひVSメアリ戦の勝者と戦うことになるわけですが

試合前に自らが言っていたように

小天狗の勢いをそのまま自分の勢いとしていざ準決勝へ!

広告を非表示にする