読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

タイガーマスクW 14話「クロスロード」

覆面ワールドトーナメントでの敗北により

虎の処刑送りにされるダークとケビン。

しかし、こんなところで燻っているつもりはないダークは

勝てば虎の処刑を免除されるデスマッチバトルロイヤル
「ヘル・イン・ザ・ホール」への出場を直訴。
同じく参加表明するケビン、オーディンですが・・・。

 

なお、覆面ワールドトーナメントが終わった後は

すっかり閑古鳥状態のGWM。

客を呼べるレスラーをと、

敵であるはずのタイガーすら呼び込もうという商売根性w

しかし、次の興行を満員に出来ないと首が飛ぶとまで言われれば

ミスXとしては従うしかなく、新日本の後楽園大会を敵情視察。

 

そこにはルリコと後楽園デート?に繰り出していたナオトもいて

あわや素顔での遭遇?とも思いましたが

席が近かっただけで結局何も起こらず。

それよりも、タイガーで試合をしつつも

ルリコとのデートも成立させようと

終始走り回っていたナオトは本当にご苦労様としか(^^;;

 

そんな感じの中休み回でしたが

ダーク達が参加する「ヘル・イン・ザ・ホール」。

これ、勝ち残った者に免除権が与えられるというなら

3人で参加しても得られるのは1人だけっていう事を

ダークは理解しているのだろうか(^^;;

張り合って参加するオーディンはともかく、

ケビンはダークをアシストするために参加

=自分が犠牲になる、と言ってるようなもんなんですけど。

 

あと、まさかここまで客足が衰えるとは思っていなかったGWM。

ただ、タイガーに負けたからとことごとく処刑にしていたら

看板選手がどんどんいなくなるわけなのだから

そういった選手のファンからすれば

近寄らなくなるのは当然なのかなと。

でも、変装してまで新日を敵情視察しにくるミスXには

ちょっと好感度上がりましたw

 

次話

準備中

前話

広告を非表示にする