広告   

【リングドリーム】ブラッディ井上の昔語り(後編)

それからの井上は、

男の担当するレスラーをぶつけられ、

連戦連敗の毎日。

さすがにこの状況はおかしいと思うようになり

正規軍の控え室へと乗り込んだ井上。

f:id:LITTLEWING:20161220114231j:plain

正規軍の控え室ということで

周りには男の担当レスラーが控えているからか

強気な男はついにネタをばらします。

 

やられ役が欲しかったと。

 

最初から、自分の担当レスラーの肥やしにするつもりだったと。

 

井上が同期だと思っていた連中は
肥やしである井上の肥やしだあったと。

 

そして、やられ続けたことで

十分に役目を果たした井上に対して一言。

f:id:LITTLEWING:20161220114724j:plain

その一言でキレる井上。

しかしそこは正規軍の控え室。

逆に取り押さえられてボコボコにされる羽目に。

f:id:LITTLEWING:20161220114942j:plain

だからそのやりとりはもうやったでしょうにw

もちろん気持ちはわかりますけどねぇ(^^;;

ただ、肥やしの肥やしっていうのはつまり、

N10枚をSRに喰わせて

そのSRでVRを育成するみたいなもんですよね。

その「二段階育成」はたぶん多くの方が経験していると思うので

なんていうか・・・

「会社の商品に手を出した」よりも

痛いところを突かれたというか・・・うん(^^;;

 

 

そんなこともあり、すっかり気力を失ってしまった井上。

東女にいる理由もなくなったと思い、

気がついたら辞表を握りしめてオフィスにいた。

社長不在のオフィス・・・そこで出会ったのが

f:id:LITTLEWING:20161220115925j:plain

本多香雅里だった。

あの男は、他派閥とは馴れ合わないよう徹底していたため

香雅里とまともに向き合うのは初めての井上。

しかし、この時既に弱っていたこともあり

香雅里にこれまでのことを打ち明ける。

f:id:LITTLEWING:20161220120257j:plain

香雅里お前もか!

 

笑顔と同時に殺気のようなものが溢れるのを感じた井上。

この時の衝撃は今でも忘れられないのだとか。

f:id:LITTLEWING:20161220120542j:plain

で、その後香雅里が男をぶっ飛ばしたのかというとそうではなく、

東マネージャーの説得の末

「丈太郎君がそういうなら」

と香雅里が折れることに。

f:id:LITTLEWING:20161220120913j:plain

ヴァンプさん、なぜかそこにやたら食い付きますが

そこはスルーの方向でw

 

その後、話を聞いた東マネージャーは

f:id:LITTLEWING:20161220121213j:plain

「このまま逃げていいのか?」

「悔しくないのか?」

「見返してやりたくないか?」

と井上を煽ります。

更に香雅里も

「人間、死ぬ気になったら何でも出来る」と。

 

結局、辞表を破り捨てた井上は

東派閥預かりのレスラーとして再出発を計る事に。

ただ、香雅里の直接指導は非常に厳しいもので、

これまでの練習は一体何だったのかと言いたくなる程のもので

最初は練習についていくことすら出来なかったとか。

しかし、ここから井上のプロレス人生は

本当の意味で始まったのでした。

 

 

f:id:LITTLEWING:20161220122214j:plain

f:id:LITTLEWING:20161220122100j:plain

f:id:LITTLEWING:20161220122106j:plain

で、気になるのは井上を利用したあの男。

香雅里は何度も「制裁」や「報復」を叫んでいたけれど

東マネージャーは「ほっとけば勝手に潰れる」と相手にせず

実際、1年も経たずにあの男の発言力はなくなり

追い出されるような形で東女からいなくなったのだとか。

 

f:id:LITTLEWING:20161220153254j:plain

f:id:LITTLEWING:20161220153258j:plain

f:id:LITTLEWING:20161220153301j:plain

贔屓にしてもらっていたレスラーはともかく、

そうでないレスラー達は

「いつ自分が生け贄にされるのか」

とか考えてしまいますよねやっぱり。

 

井上を控え室で叩きのめした相手も

「あんなに後味の悪いリンチは初めてだった」

と言っていたほどで、

結局自分の行いが自分に返ってきた・・・ということに。

 

その後、フロントは東丈太郎を中心とした組織に作り替えられ

東女前社長が勇退、東が若くして社長の座につき

そして香雅里は・・・首を痛めた事で引退。

性を東へと変えた。

エースの引退により、東女は大混乱時代へと突入。

その抗争が皮肉にも、

東女を国内トップクラスの団体へと押し上げることに。

その後も、マンネリによる低迷、

総合格闘技ブームによる低迷などあったけれど

f:id:LITTLEWING:20161220154616j:plain

神崎、一ノ瀬の登場が新たなブームを巻き起こし

神崎、北村の衝突もあって今に至る・・・と。

 

f:id:LITTLEWING:20161220154920j:plain

f:id:LITTLEWING:20161220154924j:plain

ちなみに、亜細亜女子はどうなったのかというと

バブルによってはじけたようで。

f:id:LITTLEWING:20161220155130j:plain

不動産かー・・・。

亜細亜女子のイメージが、

全日本女子プロレスよりは日本プロレスの方が近い

という意見はありましたけど

プロレスに関係ないところで破綻している点だけで見れば

やっぱり全女に近いのかなと(全女は株の失敗)。

 

そんな感じで、井上さんの過去というよりは

東女がここに至るまでの過程を語ってもらった感じですが

誰か一人、ずっと顔見てないような・・・

f:id:LITTLEWING:20161220160019j:plain

f:id:LITTLEWING:20161220160025j:plain

f:id:LITTLEWING:20161220160028j:plain

f:id:LITTLEWING:20161220160033j:plain

f:id:LITTLEWING:20161220160036j:plainそんなことだろうと思ったよ!ww

広告を非表示にする