広告   

【リングドリーム】ブラッディ井上の昔語り(中編)

亜細亜女子を退団し、東女に入った香雅里。

そこでまず行ったことは「東女との融和」。

業界トップの団体から移籍してきたからといって

決して驕ったりしないよう

 一緒に移籍してきたレスラーに対してもきつく戒めた。

亜細亜女子を誇るようなことはすまい、と。

f:id:LITTLEWING:20161219202540j:plain

f:id:LITTLEWING:20161219202544j:plain

FWWWに移籍したばかりの頃、

ヴァンプが驕っていなかったかといわれれば・・・ねぇ?(^^;;

なので、さすがにここは耳が痛いところでしょうが

そこは一応井上がフォローを。

 

亜細亜女子のレスラーであったことに誇りを持てない香雅里は

『東女魂を受け継ぐ』『東女が一番』

そんなフレーズを前面に押し出し、

更には当時の東女エースより実力は明らかに上だったにも関わらず

あくまでも彼女を立てて、自分はナンバー2に甘んじ、

彼女が引退すると共に、香雅里にエースの座を譲り渡す事に。

f:id:LITTLEWING:20161219203325j:plain

f:id:LITTLEWING:20161219203329j:plain

f:id:LITTLEWING:20161219203332j:plain

これには3人とも納得がいかない様子ですが

さすがにこれは、今とは時代が違ったということと

へたに敵を作って古巣に足下をすくわれたくなかった

という理由もあったようで。

 

マネージャー東の入れ知恵もあり、

東女にうまくなじんでいった香雅里。

しかし、そんな香雅里を邪魔に思う連中も当然いたわけで。

そんな連中が、対抗策の一つとして見いだしたのが井上でした。

f:id:LITTLEWING:20161219203947j:plain

家業の手伝いの合間に趣味として行っていた柔道。

その練習している姿を見てピンと来たという東女のスカウト。

日本人離れした体格とか、とにかくべた褒めして

絶対に大成するから東女に入って欲しいと。

 

そして・・・井上はその言葉に乗せられることに。

 

拍子抜けするくらいの軽い練習を日々行い

半月もしない内にデビューを果たす井上。

同期を相手にしたデビュー戦・・・結果は瞬殺。

ここでもまた拍子抜けする井上。

そんな試合を続けていくうち、次々と辞めていく同期。

「プロの世界なんて大したことない」

勝ち続ける井上は、次第に驕るようになります。

 

そして・・・時は来た。

 

同期達が井上との対戦を拒否するようになった頃、

「一気に上を狙うべき」

と自分をスカウトした男がいうのを信じ、

正規軍の先輩達と当たった結果は・・・惨敗に次ぐ惨敗。

「会社の優遇」で増長した

パワーだけが取り柄の生意気な悪役新人に

正規軍が制裁を加える・・・

これが、男の作りたかった構図でした。

 

これまで無敵だと思っていた自分の技が全く通用せず

逆に、相手の技が体の芯まで響く。

狐につままれたような気分の井上。

何よりも不思議だったのは、

あの男がリングサイドから井上を見ていた事。

そして・・・

f:id:LITTLEWING:20161219210321j:plain

そんな井上を見て、笑っていたことだった・・・。

 

 

f:id:LITTLEWING:20161219210454j:plain

ヴァンプがこう言い出す気持ちもよくわかります。

とはいっても、これはもうずいぶんと過去の話ですからね。

 

しかし、これまで連戦連勝で

「プロの世界なんて大したことない」

と増長していた井上が、

ようやくこの状況に疑問を持ち始めます。

そして・・・

 

つづく

広告を非表示にする