広告   

【リングドリーム】ヴァンプ通常運行

f:id:LITTLEWING:20161210164139j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210164145j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210164148j:plain

「今年の汚れ、今年のうちに」といえば

一時期不買運動が行われた花王のCMですが

今でもやってるんですかね?w

まあそれはさておき、

ヴァンプがいう因縁といえばもちろん雪女との決戦なんですが

試合が決まったことで叫び出したくなるほど

今のヴァンプはテンションが上がっているとw

 

それにしても・・・

前の試合が今年の1月ですから

この再戦まで本当に長かったわけで

f:id:LITTLEWING:20161210165246j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210165249j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210165255j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210165301j:plain

それを、この約1年の間ヴァンプがよくもまあ

キレたりせずに我慢出来ていたなと感心する塩味。

f:id:LITTLEWING:20161210165333j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210165345j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210165353j:plain

しかし、勝負で決まったことを感情で覆すわけにはいかないし、

何よりも雪女との約束だからと。

FWWWに来たばかりの頃ならともかく、

鈴森さんだって成長するのですよ!w

f:id:LITTLEWING:20161210165400j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210165404j:plain

しかし、いずれはキレるだろうと警戒していた塩味、

なんとヴァンプを取り押さえられるようにと

さすまたを用意していたようで。しかも3つw

更には、そのさすまたでの訓練まで行っていたというね(^^;;

その話を聞いて「私も呼びなさい」というあたりが

ヴァンプらしいというか・・・w

f:id:LITTLEWING:20161210171326j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210171329j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210171336j:plain

そして話題は変わってタッグ王者の話に。

前にも触れたように、

今回はナイトメアとレジスタンスでのワンマッチで初代王者を決定。

ヴァンプとしては、そこに絡めないことにやはり不満が。

f:id:LITTLEWING:20161210171549j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210171552j:plain

f:id:LITTLEWING:20161210171605j:plain

塩味や勇子の名前が出るのはまあ当然として

ここでまさかのぽひの名前が。

ただ、現在東女でのタッグをみると

石狩がタッグベルトを獲った事もあるし

さわりも今の流れだとタッグに挑戦出来そうな雰囲気。

それを思えば、そのさわりに勝ってヤングドラゴンとなった

ぽひがFWWWでタッグベルトに挑んでも

おかしくはない時期に来ているのではないか?と。

そんなわけで

f:id:LITTLEWING:20161210172031j:plain

ぽひが若手を卒業して、一人前の戦力として数えられるようになってから

つまり、ヤンドラ杯が終わってからということになりますが

年末に決まる初代タッグ王者に対して

勇子or塩味・ぽひ組でタッグベルトを奪いに行く方向で話がまとまりました。

f:id:LITTLEWING:20161210172101j:plain

もちろん手配は塩味が。

この辺は、相変わらずというか通常運行というかw

 

しかし、ついに来る時が来たって感じでしょうか。

これまではいわゆる「格」の違いで組む事が出来なかった

ぽひとトップレスラーの試合。

これが、若手を卒業したら徐々に解禁されるんですね。

もちろん、いきなりシングルのベルトに挑戦なんてことはないにせよ

タッグに挑むのはこれで決まったようなものですから

どちらが初代王者になったとしても、

いきなり手強い挑戦者を迎える事に・・・。

 

しかしまあ、ヴァンプが勝ったとしても

これまでの流れがすべて止まるわけではないからとか

レジスタンスが言ってましたけど、

そこにプラスタッグのベルトをぽひが取ったりしたら・・・

少なくとも旧・魔王軍は間違いなく勢いつきますよね。

広告を非表示にする