読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

エロマンガ先生7巻「アニメで始まる同棲生活 」

7巻は エロマンガ先生がアニメ化・・・もとい

「世界で一番可愛い妹」のアニメ化が決まったというおはなし。

アニメ化は、マサムネと紗霧2人の夢だったわけですが

そうそう簡単にことは進まないようでw

 

アニメ化するとなれば、当然それを制作するスタッフさんがいるわけで。

そこで現れたのが、

プロデューサーの赤坂透子、

監督の雨宮静江、

そして、脚本を手がける葵真希奈。

マサムネはアニメに詳しくないためよくは知らなかったけど

紗霧はその3人が関わった代表作を当然のように知っていました。

その作品は・・・「星くず☆うぃっちメルル」。

ここでその作品が出て来ますか!

 

これはいいアニメが期待できる!

普通ならそう思うわけですが・・・

実はこの葵真希奈が相当くせ者で

「凄腕の脚本家」として有名である反面

「仕事をしない脚本家」としても有名なのだとか。

そんな彼女に仕事させるため、

なぜかマサムネと同棲することに。

 

しかし、そんな話を聞いたら当然黙っていないのが

エルフとムラマサ両名。

彼女達までがマサムネ宅に押しかける事に。

ただ実際のところは、

アニメ化やゲーム化に伴う仕事が山積みで

寝る時間さえないほど忙しいマサムネを心配してのことだったようですが

2人が仕事を手伝ってくれてさえも

マサムネは寝る間も惜しんで仕事をし、

そのことで堪忍袋の緒が切れた紗霧は・・・!

 

といった感じの第7巻。

とりあえず、真希奈さんがダメ人間過ぎてだねぇw

完全にソシャゲ中毒者ですからねぇ(^^;;

彼女がマサムネ宅に押しかけたのは

1人じゃ仕事しないからっていうのもあるけれど、

「世界で一番可愛い妹」のモデルでもある

2人の生活を観察するためというのが大きいようで、

色々とひっかきまわしてくれますw

特に、「世界で一番可愛い妹」の同人誌(当然18禁)を

持ち込んできた際のやりとりは必見ですw

広告を非表示にする