読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】RISING BLIZZARD 1試合目 校条手鞠 VS 小天狗舞々

リングドリーム 7連戦

f:id:LITTLEWING:20161123170559j:plain

今年の7連戦もあと2つとなりましたが

その1つめ「RISING BLIZZARD」が始まりました。

1試合目はヤンドラ杯二次予選の

校条手鞠 VS 小天狗舞々となります。

 

f:id:LITTLEWING:20161123172355j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123172405j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123172437j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123172455j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123172512j:plain

試合前に何を言ってるんだこの人達は?(^^;;

と思わなくもないですが、そもそもの事の発端は

f:id:LITTLEWING:20161123172620j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123172624j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123172633j:plain

高校生レスラーで集まってのお茶会を

試合前日はさすがにやめておこうという話。

でも、前日だけやめても意味が無いと伏久にツッコまれると

じゃあ、中止するのを中止しましょうとw

更に

f:id:LITTLEWING:20161123173005j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123173019j:plain

・・・うん、言ってる事は理解できるけど

どうしてそんな結論になったのかは理解できないw

それで結局、校条、小天狗だけでなく

ひまわりとゆにまでもが校条の部屋に転がり込んできての

寝間着パーティーだったため、寝不足に陥ったと(^^;;

ただ、寝不足の原因は狭くて寝られなかったとかではなく

f:id:LITTLEWING:20161123173400j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123173410j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123173420j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123173424j:plain

ひまわりとゆにの寝相の悪さが原因だったようでw

ちなみに、将来の旦那さんを心配してましたけど

f:id:LITTLEWING:20161123173557j:plain

縛るから問題ないそうですよ?w

 

それはさておき、今回語られている

「どんなに仲が良くても

 リングでは真剣にやり合えるのがプロ」

という件についてですが

f:id:LITTLEWING:20161123173828j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123173832j:plain

小天狗の方はそこまで割り切れるのか正直怪しげ。

それに対し校条は

f:id:LITTLEWING:20161123173929j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123173934j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123173943j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123173948j:plain

やる!校条なら間違いなく殺る!w

そんな感じで、心理的には既に校条が優勢にも思えますが

f:id:LITTLEWING:20161123174117j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123174121j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123174125j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123174129j:plain

f:id:LITTLEWING:20161123174133j:plain

互いにキツいのを一発張る事で気持ちを入れ替える2人。

これで、小天狗も真剣にやり合えそう?

 

とはいえ、試合はやはり校条が先にペースを握ります。

そのまま最後まで突っ走ってしまうのか?

と思いきや、まずはハンゲを取り返す小天狗。

それでも3-1で不利な展開は変わらず。

それが動いたのが試合終盤。

ニコで攻防を繰り広げている合間に

ヤバゲ、mixiをひっくり返す小天狗。

そして、最後の最後でついにニコまで・・・!

 

というわけで

まさかの小天狗4-0勝利!

いや、まさかなんていっては失礼とは思いますが

実績からいえばやはり校条有利と思いましたからね(^^;;

この結果には正直驚かされました。

今年のヤンドラ杯は、笠松、校条と

昨年決勝トーナメントまで進んだ選手が共に予選で敗退と

なかなか面白い展開になっています。

昨年のメンバーということでは

これで残るは伏久のみですが果たして・・・?

広告を非表示にする