読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

タイガーマスクW 7話「直人とナオト」

アニメ 感想とかレビューとか

今回は、まず最初に

マスコミが初代タイガーと今のタイガーとの繋がりを

何とか探り出そうとする話が。

回想シーンの絵もあえて当時に似せて描いている感じで

何とも言えない懐かしさが・・・。

 

そして当時を意識しているのは絵だけでなく、

初代タイガーがタイガー・ザ・グレートに勝利はしたものの

素顔を晒してしまったために姿をくらました事が語られるシーン、

そこで流れるBGM・・・「みなしごのバラード」だよね確か。

これはアカン・・・初代見ていた人には懐かしすぎて熱いモノが/( ´∧⊂

 

そんな昔話はさておき、

その初代との繋がりについては否定しつつ、

そこまでの能力があるなら自力で答えにたどり着けるのでは?と。

まあ、ぶっちゃけた話

タイガーのエージェントである春奈ちゃんの身元から

すぐたどり着けそうなんですけどねw

でも、それをあえてしないのがこの手の作品のお約束。

 

そんなタイガー、今回は永田とのタッグで

オカダ、YOSHI-HASHI組と対戦。

オカダとの絡みはちょっとだけで、

YOSHI-HASHIのチンクラッシャーからのチャクラムを躱し
スイングDDTからのジャーマンスープレックスホールドで勝利。

初代タイガーの試合を見た事のある老人が、

このジャーマンを見て、初代と姿をダブらせたと。

まあ・・・タイガースープレックスタイガードライバーだと

ダブらないでしょうからね(^^;;

 

一方その頃GWMの方では、

先日のバトルロイヤルに勝利したことで

アメリカンチャンピオンへの挑戦権を獲得したタイガー・ザ・ダーク。

そのチャンピオンであるボスマン相手に

今回もダークネスドライバーで勝利して新王者に。

負けたボスマンは哀れ地方へ飛ばされる羽目に・・・。

 

興行的には順調そのものに見えるGWM。

しかし、虎の穴としては順調な興行よりも

日本での活動を邪魔しているタイガーが気になる様子。

っていうか、ミスターXも声は同じだけど

やっぱり2代目なんですね。

まあ・・・半世紀前の事みたいですもんね。

さすがに同一人物はあり得ないか(^^ゞ

(っていうか、作中で命を落としてたんだっけ?

 さすがにこの辺記憶があやふや)

その先代も、失意のまま命を落とし

かつての虎の穴は崩壊。

ようやく立て直したところに再び現れたタイガー。

多くの人に恨みを買っているのは理解しつつも

再び現れたタイガーを目の敵にするのは、まあわからなくもない。

そんな虎の穴が、打倒タイガーに

いよいよ本腰を入れてきそうな感じなので

果たして次はどんな刺客がやってくるのか・・・。

 

次話

前話

広告を非表示にする