読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】笠松に死角無し?

f:id:LITTLEWING:20161015183124j:plain

f:id:LITTLEWING:20161015183129j:plain

シード扱いだった笠松

ヤンドラ杯二次予選ということでいよいよ出陣!

ただし、その笠松が待っている間に

FWWWのレジスタンスは彼女を残すのみとなってしまいました。

 

f:id:LITTLEWING:20161015183522j:plain

f:id:LITTLEWING:20161015183527j:plain

f:id:LITTLEWING:20161015183531j:plain

しかし、レジスタンス最後の砦としては

勝負事なので絶対とは言えないと前置きしつつも

決勝トーナメントに残る事を宣言。

f:id:LITTLEWING:20161015183802j:plain

そんな笠松に「赤ずきんのためにも頑張って欲しい」

という岡部。

赤ずきんといえば、実力は上だろうと評価されつつも

ケア相手に敗北。

かなり競った戦いだったこともあってか

赤ずきんも未だ引きずっている所があるようで・・・。

そして何よりも、その赤ずきんを倒したケアが

笠松の相手なのでなおのこと勝って欲しいとの思いが強いようで。

f:id:LITTLEWING:20161015184314j:plain

f:id:LITTLEWING:20161015184317j:plain

かつてのさわりがそうであったように、

これまで芽が出ていなかった選手が突然化ける

そういうことは「よく」とまではいかなくても実際あるわけで。

 

f:id:LITTLEWING:20161015184407j:plain

今回のケアがそうだとはまだ言えないけれど、

そうだと思って、

さわりを相手にするのと同レベルの警戒をもって

ケアに当たるつもりの笠松

 

ちなみに笠松の「油断しない」発言、

実は前回のヤンドラ杯の時にも伏久相手に用いています。

そして結果は、接戦になりつつも見事勝利。

最後まで油断しなかった結果といってもいい内容でした。

今回も、この心構えで臨むということでしょうから

普通に考えれば笠松勝利は揺るがない

・・・と言いたいところではありますが、

それをことごとく覆したさわりの例があるだけに

下馬評通りにいくとは限らないわけでw

広告を非表示にする