読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

気管切開手術

日常

ちょっと今回は真面目な話・・・というか

一部の方々にご迷惑、ご心配をかけたと思うので

結果報告というか現状報告というか。

 

ちなみに今回はレスするつもりはありませんので

コメントは無用ということで。

 

15日のことですが、父が気管切開の手術を受けました。

もともと、筋ジストロフィーという遺伝性の筋疾患を患っており

ここ2年ほどは寝たきりの状態だったのですが

6日の朝に様子がおかしかったため、救急車を呼ぶ事に。

そこで言われたのが、

「自発呼吸がほとんど出来ていない」と。

そこで、口から直接管を入れて呼吸を助けることとなったのですが

更に悪いことに、肺炎か尿道感染

もしくはその両方から来る敗血症ショックも起こっており

一時的とはいえ心停止する事態に。

 

幸いなことに心臓マッサージで一命は取り留め、

それからは入院しつつ呼吸の状態を確認していたのですが

一週間ほど経っても自発呼吸は少ないまま。

それなら、気管切開した方が口に異物を入れなくて済む分

父も楽だろうという事で、手術に踏み切りました。

 

正直なところ、機械を取り付けてまでの延命行為というのは

乗り気ではありませんでした。

海外ではそこまでの延命行為はしない

なんて話を聞いた事もあります。

しかし、いざ自分がそんな現場に直面すると

助かって欲しいという想いの方がやはり強かったわけで。

 

そんな感じで、ここ10日近くはバタバタしてました。

手術が終わって即退院!というわけでは当然ないので、

もうしばらくは病院まで行ったり来たりの生活が続きますが

来週くらいに退院出来れば・・・そこでまずは一段落ですかね。

 

ソシャゲも当然やる時間は減ってますが、

ある意味気分転換にはなっているのでボチボチやってます。

なので、大半がリンドリ記事であるここの更新についても

大事ない限りは今まで通り続けるつもりではいます。

(ちなみに救急車で運ばれた時は、

その時点で3日分予約投稿済みだったのが幸いしました)

 

とりあえずは・・・そんなところでしょうか。

広告を非表示にする