広告   

【リングドリーム】SEVEN DAYS DIAMOND 6試合目 一ノ瀬栞 VS アントラー山口

f:id:LITTLEWING:20160913161131j:plain

「SEVEN DAYS DIAMOND」もいよいよセミファイナル。

TWP世界無差別級のベルトへの挑戦権を賭け、

「狂宴幹事」一ノ瀬栞と「魔王の娘」アントラー山口が激突!

王者菊池の前に立つ事が出来るのは果たしてどちらか?

 

f:id:LITTLEWING:20160913161610j:plain

一ノ瀬と正面からぶつかり合うのははたしていつ以来なのか?

そんな疑問から始まった山口のトーク。

山口が東女に入った頃には、一ノ瀬も既に落ち着きかけていたけれど

たまに出す「怖かったときの一ノ瀬」との試合が

若手時代の山口には本当にきつかったと。

今ではすっかり酔っ払いというか、当時の面影がないけれど・・・

f:id:LITTLEWING:20160913161951j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162002j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162005j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162025j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162029j:plain

今回はその当時の「怖かった一ノ瀬」と戦いたいと。

それを引き出した上で勝ちたいという山口。

f:id:LITTLEWING:20160913162147j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162150j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162155j:plain

若手時代にはきつかった相手だけれども

今ならぶっ飛ばせる自信があるから、と軽く挑発。

 

対する一ノ瀬はというと

f:id:LITTLEWING:20160913162808j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162811j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162818j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162821j:plain

昔のアレは、あくまでも若気の至りだと。

当時の映像を見ると顔から火が出るというほど。

しかし、今日求められているのはそういう一ノ瀬。

f:id:LITTLEWING:20160913162826j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162830j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162834j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913162838j:plain

「求められれば、それに応えるのがプロレスラー」

そう言って、「あの頃の一ノ瀬」の封印を解く事に。

幸い山口は頑丈だからと、既にヤる気満々w

ただし、一ノ瀬の方が一線から退いて結構経っているため

どこまでその無茶をやり通せるか・・・。

 

そんな2人の解説となると

f:id:LITTLEWING:20160913173807j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913173816j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913173819j:plain

やはりホワイトフェイスにお願いしないわけには。

っていうか、「タガの外れた菊池さん」とかずいぶんと物騒な表現だけど

それで皆が納得するくらい、

「あの頃の一ノ瀬さん」はヤンチャしてたのかと(^^;;

f:id:LITTLEWING:20160913174044j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913174048j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913174054j:plain

とはいえ、一ノ瀬本人も言っていたように

一線から退いてそれなりに経っているので

全盛期の力は「出し続ける」ことは出来ないと。

 

そしてホワイトフェイスによる山口評。

f:id:LITTLEWING:20160913174331j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913174335j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913174414j:plain

f:id:LITTLEWING:20160913174419j:plain

凶獣といえば悪役、ヒールの集団なんですが

正直そういう印象ってかなり薄いんですよね(^^;;

その最たる原因が山口なんじゃないかと。

だって彼女、本当に反則を使うイメージないですもんね。

必要であればメリケンで殴る事も厭わない菊池とは正反対というか。

しかし、そんな山口も悪役としての戦い方は

きっちりと井上さんにたたき込まれているわけで。

そして、鳴り物入りで入ってきた菊池もその当時、

山口を壊す事が出来ず、道場で何度もやりあったとか。

そんな経緯があったからこそ、

菊池は一ノ瀬の相手に山口を指名したわけですね。

「山口なら壊される心配はないだろう」ということで。

 

そんな両者ではありますが、7連戦ではどうなのかというと

実のところ2人ともあまり試合を行ってないわけで。

山口がシングル、6人タッグと2試合行って2敗。

 

一ノ瀬がホワイトフェイスとのタッグで2試合行って1勝1敗。

どちらも一線から退いていたこともあり、

正直どちらも応援したいのですよね(^^;;

ただ、今回一番あってほしくない結末はというと

一ノ瀬ワンサイド負けによる引退・・・かなと。

一応、負けたら引退はないと言ってましたが、

それも試合内容によるとも言ってたはずなので

その結末だけは避けたいかなと。

そんなわけで私は一ノ瀬支援ということに。

 

しかし、私のそんな不安もなんのその

試合は一ノ瀬が好スタートを切ります。

山口サイドが動きを見せるのは、3/4にさしかかる少し前のヤバゲ。

ここからヤバゲは抜きつ抜かれつの攻防に入ります。

そしてmixiが残り3時間あたりで逆転し、

こちらはそのまま山口優勢を保ち続けます。

が、ニコ、ハンゲは一ノ瀬優勢のまま最後まで動く気配無し。

山口側はヤバゲを取れるか否かに勝負がかかっている・・・

と言いたいところなのですが

いかんせんニコのpt差が大きすぎた。

その差・・・1100万。

仮に2-2に持ち込めたとしても、この差はどうにもならない状態。

結局ヤバゲもそれで力尽きたのか一ノ瀬に取り替えされ

結果は3-1で一ノ瀬勝利。

次のベルト挑戦権は一ノ瀬のものとなりました。

 

ただ、一ノ瀬は身体がもうボロボロの状態なので

もしもこれでベルト獲ったりしたら、身体大丈夫なの?

とか思わなくはないですよね。

いや、応援しておいて今更ですが(^^;;

 

そして負けた山口。

こちらは・・・ソニックにまけた時みたいに

また裏方に回ってしまわないかが心配。

やはりここは気分一新する意味でもリデザをですね・・・w

広告を非表示にする