読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】SEVEN DAYS DIAMOND 4試合目 ラズベリー咲川 VS 社務さわり

f:id:LITTLEWING:20160911164922j:plain

「SEVEN DAYS DIAMOND」4試合目、

ヤンドラ杯一次予選は煽りVなしとのことだったのでいつもの形式に戻ります。

ラズベリー咲川 VS 社務さわり

フラフラ師弟対決がついに現実のものとなりました。

 

f:id:LITTLEWING:20160911165150j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911165156j:plain

石狩との試合を滝沢に認められ、

今度は直接戦ってみたいとまで言われたさわり。

その事自体はもちろん嬉しくないはずがない。

しかし、その時さわりの心にひっかかっていたのは・・・

f:id:LITTLEWING:20160911165159j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911165202j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911165205j:plain

咲川にどこまで認めてもらえているのか?ということ。

もちろん、ヤンドラ杯で優勝したときは褒めてくれたし

惜しくも準優勝だったときには励ましてくれた。

石狩に勝ったときだって「やるじゃない」と言ってくれたわけですが

f:id:LITTLEWING:20160911165208j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911165211j:plain

言葉だけじゃ伝わらない。

だから、戦って全身で感じたい、感じて欲しい。

そう思っての今回の対戦直訴だったわけです。

 

それを聞いた咲川はというと

f:id:LITTLEWING:20160911170039j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911170043j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911170046j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911170050j:plain

新人の頃は確かにパッとしなかったけれど

若手になってからは一気に伸びたさわり。

咲川自身、ヤンドラ杯では決勝トーナメントに残るのが精一杯だったのに

さわりは優勝と準優勝。

「若手時代の咲川」が為せなかったことをさわりは為しているわけで

それだけでも認めないわけにはいかない。

ただし、「今の咲川」と比較した上で認めているかと言われれば話は別。

 

f:id:LITTLEWING:20160911170054j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911170057j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911170101j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911170104j:plain

将来的には、さわりが自分を追い越していくだろうと思いつつも

それは今じゃない、今はまだ私の方が上だと。

師匠として、先輩として、さわりの前に壁としてたちふさがろうとする咲川。

 

そんなフラフラ対決にコメントするのは、やはりこの人しかいないでしょう。

f:id:LITTLEWING:20160911171132j:plain

・・・。

気を取り直して、やはりここはむつみさんしかいないでしょう。

f:id:LITTLEWING:20160911171245j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911171249j:plain

そして語られるフラフラ結成秘話?

っていうか、ずいぶんとまた懐かしい絵ですね。

ちなみに、この頃の咲川が若手を卒業して1,2年くらい

つまり、今のさわりと同じくらいのキャリアだったとか。

f:id:LITTLEWING:20160911171538j:plain

そしてさわりは、その同じ時期に行動を起こした。

それは当然というか必然だとまでいうむつみ。

f:id:LITTLEWING:20160911171825j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911171829j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911171832j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911171835j:plain

f:id:LITTLEWING:20160911171839j:plain

むつみとしては、今のフラフラが居心地良かったのだけれど

ずっとそのままじゃいられないこともわかっていて

遅かれ早かれ、こういう日は来ると思っていた。

けれど、どちらが勝ったとしても、試合後には笑顔でいて欲しい、

後に禍根を残すような真似はしないで欲しい、そんな感じでしょうか。

 

以前にも書いたように、どちらが勝ったとしてもタッグを組んで

滝沢、石狩組の「ナイアガラロック」に戦いを挑む事は変わらないでしょう。

ただし、そのチームの形がどうなるか?

咲川をリーダーとしてさわりがついていくチームになるか

それとも両者が肩を並べる形のチームになるのか

はたまたもっと別の形となるのか

それは今回の結果次第なのではないかと。

そういう意味では、個人的には2人が肩を並べる光景を

見たくないといえば嘘になります。

でもそれは、低迷している咲川に勝った結果

並んでもしょうがないと思うのですよ。

なので、咲川越えはまた別の機会に・・・という願いを込めて

今回私は咲川支援ということで。

 

そして試合は・・・咲川優勢。

人数差を見ても、どのPFでも咲川陣営が多いようです。

ハンゲのみ、さわり優勢の時間帯がある程度ありますが

それ以外に関しては完全に咲川ペース。

結局、ヤバゲ、mixi、ニコは最後まで咲川が抑えきり、

さわりはハンゲの攻防を制するだけで精一杯で

大きな動きも特になく3-1のまま決着。

咲川としては、先輩としての意地、

フラフラリーダーとしての意地、

そして女帝直下としての意地を見せつけた感じでしょうか。

さわり視点でいえば、もう少し競っていた方が

今後の展開的に面白そうだったのですが

それはさすがに贅沢ってもんですかね(^^ゞ

広告を非表示にする