読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

魔法科高校の劣等生SS

感想とかレビューとか ラノベ

 

 今回は「魔法科高校の劣等生」初の短編集。

前々から後書きで「いずれ出す」みたいな事を言っていた

2年目の「九校戦」表側の話となります。

 

 裏側では、13巻「スティープルチェース」編で描かれた

パラサイドールとの戦いがあったわけですが

表では、そんな戦いはなかったかのように平和に・・・

いや、「ローゼン・マギクラフト社」が九校戦のどさくさに紛れて

レオをドイツへ連れて行こうと実力行使に出てたりしてたので、

平和とはいえないですね(^^;;

それにしても・・・レオが唯一のブルク・フォルゲ

世界で最初に作られた調整体魔法師――

その第一型式の遺伝子を受け継いでいるからといって、種馬扱いとは・・・w

しかも、エリカを母体にとか言い出したらそりゃあレオもキレますわ(^^;;

エリカに知られなかったのが唯一の救いですよね。

・・・知られなかったよね?(^^;;

 

そのエピソードがきなくさかったくらいで、

あとはちゃんと九校戦していたはず。

ただ、今回は達也が裏方に専念しているから逆に一条大活躍では?

と思いきや、そうでもなかったようで。

まあこれは、ルール変更により

一部種目を除き掛け持ち禁止になった事が大きいのでしょうが。

どちらかというと、今回は一条よりも

そのパートナー吉祥寺の方が印象に残るかと。

 

新種目「ロアー・アンド・ガンナー」では

吉祥寺の魔法であるインビジブル・ブリッドを改造した魔法を使われ

(改造したのはもちろん達也)

そのショックから自身も優勝を逃し、

更には「アイス・ピラーズ・ブレイク」ペア戦において、

一高の「地雷原」作戦を見越して

氷柱を底面の1点のみ接地させる作戦

(杭の先端が刺さらずそのまま地面に立ってるような形?)

を敢行してきますが

達也から「こんなこともあろうかと」と渡されていた

フォノンメーザーでピチュンw

三校の選手達もそりゃあ気まずくもなりますわ!(^^;;

相手が達也だからこんな道化扱いだけど、本当は凄い人なんですよw

まあ・・・これがきっかけで闇落ちとかしない事を願うばかりです。

広告を非表示にする