読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

ドカベン ドリームトーナメント編 広島 VS スーパースターズ(16~22巻)

感想とかレビューとか マンガ

f:id:LITTLEWING:20160730002932p:plain

1年近く、ドカベンの記事書いてませんでしたが、

準決勝の広島 VS スーパースターズ戦がようやく終わりましたので

この試合についてまとめて書こうかなと。

というわけで、スコアボードっぽいのも用意して、

内容についてはダイジェストでどうぞ。

 

2回裏
剛球仮面から打った義経の打球が右中間ど真ん中。
ホームラン性の当たりを赤一郎と黄三郎が両側から走ってくる!
黄三郎すべったーーー!!
赤一郎跳んだーーー!!
スカイラブハリケーン!!!

3回裏
里中のダブルプレーが故意落球か否かで揉めた後の岩鬼の打席。
ど真ん中をバックスクリーンへ。0-1。

4回表
高めのストレートをアルプスが岩鬼のお株を奪う悪球打ちでレフトスタンドへ。
埴輪はセーフティバントでタイミングはアウトだったものの土井垣落球。
更に、京極一二塁間を抜ける打球がランナーの埴輪に当たりアウトと思いきや
その前に土井垣のミットにかすっていたため無死一・二塁に。
広島追加点のチャンスに四番の武藤はダブルプレー
しかし、金太郎がセカンド、ショート、センターのど真ん中に落とすヒットで追加点。
しかもその巨漢から誰も予想していなかった盗塁成功で、
赤一郎のヒットの際に一気にホームへ。3-1。

4回裏
山田、長島の連打で山田一気にホームへ。
先ほどのお返しとばかりのホーム上での激突は山田に軍配。3-2。

5回裏
星王の打球がイレギュラーバウンドして剛球仮面の顔面へ!
その仮面の下の正体は池畑・・・ではなく
明訓時代の後輩、渚。

6回表
岩鬼、京極の挑発合戦の末、サードライナーを素手で鷲づかみ!

7回表
死球で出た金太郎、再度ホームで山田と激突!
しかし今度は山田がブロックしてアウト。

7回裏
6回には岩鬼のバットをへし折った京極の「出刃ボール」。
山田はバットを短く持ってセンターへライナー性のツーベース。
長島の送りバントから義経の外野フライでついに同点に。3-3。

8回表
まさかの伏兵、埴輪が里中からホームラン。4-3。

8回裏
失点は自ら取り返す!とばかりに里中、京極からホームラン。
岩鬼、土井垣が出塁して追加点のチャンスに山田!
というところで投手京極から水原に交代。
山田、水原1度目の対決は、ドリームボールを1度も投げずに
三振を取って水原に軍配。4-4。

11回表
ここまで4タコの武藤が四番の意地を見せるホームラン。5-4。

11回裏
殿馬が「花のワルツ」で内野安打。
土井垣のライナー性の当たりを埴輪がダイビングキャッチ!
殿馬は慌てて戻ってギリギリセーフ。
そして、山田、水原2度目の対決!
ドリームのフォームからストレートを投げ、

逆に通常のフォームからドリームを投げ山田を翻弄する水原。
4球目、水原渾身のドリームボールはライト線に高々と上がる。
黄三郎、ダイレクトで取りに行くもわずかに届かず打球はファールエリアへ!
まずは殿馬生還で同点。
そして山田も本塁へ突入!
しかし返球がイレギュラーした隙をかいくぐって山田ホームイン!
5-6でサヨナラ勝ち。

 

山田、3試合連続のサヨナラホームラン

しかもその3試合目はランニングホームランという予想外の決着となりました。

しかし、この最後の本塁突入の際に山田は肩を負傷。

診断結果では決勝には間に合わないとのことですが・・・。

 

広告を非表示にする