読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】RISING VICTORY 7試合目 南城、細野組 VS シュバルツ、霧島組

f:id:LITTLEWING:20160728101507j:plain

「RISING VICTORY」メインイベントは、タッグベルトへの挑戦権を賭けた試合。

凶獣の南城、細野組と

女帝直下のシュバルツ、霧島組、

どちらが滝沢組へ挑む事が出来るのか?

 

f:id:LITTLEWING:20160728101847j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728101851j:plain

滝沢組にはスルーされるわ、石狩にギブアップ取られるわ、

霧島にしてみれば散々な試合でしたからね(^^;;

それだけに、当分チャンスは巡ってこないだろうと

思っていたところに降って湧いたこの機会。

f:id:LITTLEWING:20160728103058j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728103102j:plain

霧島としては是が非でもここで勝って、滝沢組へのリベンジを果たしたいところ。

f:id:LITTLEWING:20160728103318j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728103322j:plain

タッグとはいえ、頂点のベルトですからね。

他派閥とは毛色が違うように思われた女帝直下でも

やはりベルトは欲しいようで、やる気満々の2人。

 

ここで話は変わり

f:id:LITTLEWING:20160728103746j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728103754j:plain

ガンダーラ、サンモニと連んで他団体へ遊びに行く事を改めて宣言。

その際にベルトがあればより楽しくなる、と。

そしてシュバルツは今度こそシュバルツ劇場を開演したいわけですが

それを聞いた霧島は、自分も霧島劇場を開演するとw

結局・・・

f:id:LITTLEWING:20160728103758j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728103803j:plain

2人で「女帝直下劇場」を開演しようということに。

 

そんな2人の野望を阻止せんと立ちふさがる凶獣2人。

f:id:LITTLEWING:20160728105346j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728105352j:plain

霧島が、滝沢組にベルトを奪われた事でリベンジしたいというのなら

南城は同じ理由で女帝直下にリベンジしたいわけで。

思えば、この試合の後から凶獣と女帝直下の抗争へと発展したわけですもんね。

その勝負自体は若手はともかく

上位陣は凶獣勝利といってもいいと思いますが

南城としては、その引き金となった相手から

直接勝利をもぎ取りたいところでしょう。

f:id:LITTLEWING:20160728110356j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728110401j:plain

パートナーは菊池から細野に変わったため、

個としての戦力は落ちたけれどそこはチームワークで補えると

細野を認める発言をしていたんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20160728110639j:plain

・・・きっとちくわ分が足りないんですね(^^;;

しかし、そんな細野を冷たくあしらうわけでもなく

f:id:LITTLEWING:20160728110914j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728110917j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728110921j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728110928j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728110935j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728110958j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728111001j:plain

いつもは口悪いけど、本当に仲間思いの南城。

しかしこれで、今回唯一蚊帳の外感があった細野も十分にやる気を。

 

そしてメインイベントのコメントは、

滝沢組から崖ノ下が呼ばれたわけですが・・・

f:id:LITTLEWING:20160728111440j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728111444j:plain

どっちが勝とうがどうでもいいと言う崖ノ下。

しかも、セヴンスターの際に特訓につきあってくれた

滝沢、石狩両名に恩を返すため勝利チームの情報を持ち帰る気満々だと。

ただ、それではコメンテーターとしての役割をこなせてないので一言だけでもと。

f:id:LITTLEWING:20160728111821j:plain

女帝直下側は連携に不安は無く、

どちらも攻め一辺倒の超攻撃型ということで

調子に乗せてしまったら一気に持って行かれる可能性もあると。

f:id:LITTLEWING:20160728112036j:plain

対する凶獣は、南城は武闘派だから普通に正面からやりあうだろうけど

2人相手ではさすがに分が悪い。

そこで細野の活躍が期待されるわけですが

f:id:LITTLEWING:20160728112318j:plain

f:id:LITTLEWING:20160728112334j:plain

気がつけば視界から消えている・・・

そんな異質さを持つ細野が女帝直下2人の勢いをそぐ事が出来れば

十分にチャンスはあるという崖ノ下。

っていうか、細野のレスリングスタイルについて

初めてまともに解説してくれたのでは?

 

そんな両者の試合ですが、

開始数時間でヤバゲ、mixi、ニコで300万差と

崖ノ下が言っていたように女帝直下を調子に乗せてしまった感じに。

残るハンゲも100万までは行かないもののやはり女帝直下優勢。

この4-0ワンサイド状態が長い事続きます。

しかし、「夜の凶獣は怖い」という格言があるだけに

女帝直下はまだ安心できない。

・・・と思ったのですが、今回は差が縮まるどころか

mixi、ニコでついに1000万オーバー。

これは勝負も見えた感があったけれど、

せめて一矢とばかりにハンゲで凶獣逆転。

とはいえ、そこまでが精一杯で結果は3-1で女帝直下勝利。

f:id:LITTLEWING:20160728183626j:plain

細野は残念ながらちくわ手作り体験も出来なくなったわけですが

かわりにこのあたりのおつまみで許してくださいw

広告を非表示にする