広告   

【リングドリーム】赤ずきんの私生活

f:id:LITTLEWING:20160503100803j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503100807j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503100812j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503100815j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503100820j:plain

東女へ武者修行に行く事となった赤ずきん。

あちらへ出向いている間は寮で生活することとなったのですが

支度はもう出来ていると。

いや、厳密に言えば最低限のものしか持っていないので

支度する必要がないとのこと。

これを聞いて、これまで私生活には触れなかった事を反省する檸檬。

 

f:id:LITTLEWING:20160503103812j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503103817j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503103848j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503103901j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503103905j:plain

その件を、赤ずきんにもっとも近しいと思われる2人に話すことに。

赤ずきんの部屋にあったものは

小さな洗濯機と、檸檬の膝くらいまでしかない冷蔵庫。

わずかな調理器具と食器、洗面具、そして絵本らしきもの。

(オフィス会話から察するに、赤ずきんが描いた絵本?)

家具はタンスすらないと言われ、言葉を失います。

赤ずきんは、故郷を災害で失っていることもあって

どう接するべきか迷ったのは事実なので

なんともいえない罪悪感が・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20160503104353j:plain

あの人は例外中の例外ですw

戸籍すらなかったとかどういうことよ(^^;;

 

f:id:LITTLEWING:20160503104615j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503104621j:plain

しかしこうなると、赤ずきんを東女に行かせてしまって本当に大丈夫なのか?

と心配になるのは当然のこと。

もちろん、元から必要最低限のものしか持たない人だったのかもしれないし、

災害から立ち直った結果のライフスタイルなのかもしれない。

ただ、このタイミングで知ってしまった以上

何もしないわけにはいかないということで・・・

 

f:id:LITTLEWING:20160503104625j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503104630j:plain

f:id:LITTLEWING:20160503104633j:plain

岡部、サクリファイ子が赤ずきんに同行することに。

岡部は中江と親しいこともあるし、

東女に動向するのもありだろうと思ったんですが

サクリファイ子は正直意外だったというか。

f:id:LITTLEWING:20160427211924j:plain

以前にこんな事を言ってたので、

レジスタンスからガンダーラに移籍するのでは?」

と思っていたんですけどねぇ。

十字架がインドっぽくなるの楽しみにしてたんですが・・・w

広告を非表示にする