広告   

【リングドリーム】コスト32問題

いつもはリンドリ以外の事を書く曜日なんですが、

予定を変更してお送りしております。

 

さて、今回のイベントから追加されるキャラ

f:id:LITTLEWING:20160428164734j:plain

f:id:LITTLEWING:20160428164739j:plain

この2人について

「VRカードはコスト32で登場。約10カ月ぶりのレスラーコストアップ!
コストアップに伴い、能力値も大幅アップ!」 

などとお知らせに書いてあったために各所で大騒ぎとなりました。

 

 

そもそも、これまでの基準が28でした。

それがいきなり32とか出てきて、戸惑いを隠せない方が多数。

f:id:LITTLEWING:20151129163305j:plain

スト28で最も能力値が高いのは姫小路ですが、

今回の2人と比較すると、なるほど確かに大幅にアップしています。

 

この手のゲームでコスト上限が上がるのは仕方ないことだとはいえ

上げるならまずは30じゃないの?とは思いました。

ちなみに、現状コスト30というと・・・

f:id:LITTLEWING:20151129163320j:plain

f:id:LITTLEWING:20150923172435j:plain

f:id:LITTLEWING:20160128133053j:plain

この3人のみ。

麗、菊池については福袋で販売されたため、

限界突破までしてる人もいるでしょうし、

すぐにデッキから外れるということはないでしょう。

 

ただし、滝沢はイベント報酬のみの入手で、

早い人でもこの前ようやく4MAXが作れるようになったんじゃないでしょうか。

もともと、同じコスト30でも2人よりは劣り

4MAXでは9万に届かない能力値。

 

そんなところにコスト32が登場すればどうなるか?

はい、滝沢の価値大暴落です。

今後、デッキに入らない可能性が高くなるというのに

イベントで頑張って取りに行くかといわれれば、

よほど愛のある方だけが頑張って、

あとは自然回復に任せて取れればラッキーくらいになってしまうのでは。

 

そんな感じで、今回はさすがに今後の事が心配だったので、

ユーザーサポートからその旨を送らせていただきました。

結果・・・

「ご指摘いただきました点につきましては、
 今後の改善の参考とさせていただきます。」

まあそうだよね!w

 

そして、メンテ中にニコ生があるということで

やはり話題はコストの件に。

そこで答えてもらった運営の回答としては

・コスト26、28帯のキャラが既に100越えていて、
 新VRを入手してもデッキに入らないことが増えてきたため

・2年前のキャラであるソニック2ndが未だにデッキに入る状況を変えたかった

・コスト28、30帯はセット(28の中でも特別のキャラが30)扱いで
 今後は32が新基準。ただし特別キャラを同様に34とかにするかは未定

・滝沢さんに関しては心残りで、次のランキング戦までに検討はしたい

 

こんなところでしたっけ?

(誤り、不足などありましたらご指摘ください)

 

f:id:LITTLEWING:20140621233029j:plain

話に出てきたソニックさんはこんな感じですが、

皆さんとっくに8MAX+10にしてるでしょうからねぇ。

いまだに現役で使ってる人は確かに多いかと。

どんどん新しいキャラを使ってほしい運営からすれば

なるほど確かに今の状態はよろしくないのかも。

 

まあ、ろくな考えなしに32に上げるってことなら

文句の一つでも言いたかったわけですが

(ユーザーサポートに送ったのは文句ではありませんので)

一応それなりの理由があったようなので、

私としてはこれ以上とやかく言うつもりはないかなーと。

しかしこれで、数ヶ月もしたらデッキ内容もガラリと変わるんでしょうね。

 

あ、あと最後に一言。

今回の件、反対意見ばかりだったわけではなく、

賛成意見もそれなりにあったようです。

そこは重課金勢か否か、

はたまたベテランか否かなどでも違ってくるでしょうし

人それぞれ考え方は異なるのだからいいと思うんですよ。

ただ、自分とは異なる考えの人を一方的に貶してる人がいたのは

正直見ていて良い気はしなかったです。

これだからオタクは~とか

ネットでしか発言できない、しょせんは口だけ~とか

色々言ってましたが、一言でまとめるなら

f:id:LITTLEWING:20160428200647p:plain

みたいな?

異を唱える人に対しても噛みつく始末だったので

さすがに見ていられなかったです。

私自身も、色々と至らない点があるのは自覚していますが

最初から喧嘩腰ってのは論外ですもんね。

 たとえ自分と真逆の意見であったとしても

耳を傾けるくらいの心のゆとりは持ちたいものです。

広告を非表示にする