広告   

【リングドリーム】レジスタンスVSナイトメア 後日談

f:id:LITTLEWING:20160201124331j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201124336j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201124349j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201124418j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201124456j:plain

レジスタンス側が大逆転を果たしたこの試合、

勇子から見てこの興行でのベストバウトだったと、

レジスタンスは最後まで諦めなかったと絶賛。

 

f:id:LITTLEWING:20160201124838j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201124842j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201124923j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201125111j:plain

その「最後まで諦めない」レジスタンスを築き上げたのは

そもそも勇子じゃないかという岸田。

しかし、今の自分は堕ちた勇者であり、

その事は過去形として語られるべきと

あくまでも今のレジスタンスとは距離を置こうとする勇子。

 

f:id:LITTLEWING:20160201125117j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201125123j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201125127j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201125132j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201125143j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201125148j:plain

 そして、同じレジスタンスを抜けた勇子と聖光院でも、

 そんな2人に対する思いが微妙に違うということがわかる一幕。

勇子に対してはマイナスの感情は一切無いように見えますが

聖光院に対してはやはり納得いかないものがまだあるようで・・・。

しかし、それについても「自分が選んだ道」だと、

堕ちた勇者を貫き通す勇子。

なんかね・・・勇子は堕ちた後の方が明らかに格好良いんですがw

 

f:id:LITTLEWING:20160201130745j:plain

そして、勇子と別れた岸田に今度は山崎が

「聖光院からの伝言」を届けに。

「聖光院がレジスタンスを抜けた理由」というやつですが、

今回でそれがわかるのかと思いきや引っ張りますねw

f:id:LITTLEWING:20160201131223j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201131227j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201131431j:plain

岸田自身は円陣とのタッグで勝利したとはいえ、

6人タッグは山崎と赤鬼青鬼のナイトメア側が勝利。

1-1でまだ勝負は終わっていない事を強調する山崎。

そして・・・

f:id:LITTLEWING:20160201131803j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201131811j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201131822j:plain

f:id:LITTLEWING:20160201131826j:plain

先ほど勇子に同じ事を言おうとして窘められたばかりですしね!w

それにしても、山崎もリデザ前は

「山崎、一生の不覚!」とか

春のなんとか祭りとかそんなイメージしかなかったのに、

リデザ後はずいぶんとしっかりとしてきたというか。

岸田は岸田で、気がつけばレジスタンスNo.2の座をちゃっかりものにして

言動なんかもそれっぽい感じで立ち回ってるように見えました。

 

ナイトメアとレジスタンスの今後の戦いも気になることながら、

勇子の動きの方が更に気になるところですね。

このまま静観するのか、それとも・・・。

広告を非表示にする