広告   

【リングドリーム】RISING KINGDOM 4試合目 笠松鏃 VS カース伏久

f:id:LITTLEWING:20151207152655j:plain

「RISING KINGDOM」4試合目はヤンドラ杯1回戦の最後の試合。

笠松鏃とカース伏久、7連戦無敗同士の対決です。

 

f:id:LITTLEWING:20151207153150j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207153155j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207153201j:plain

ちけえよw

 

f:id:LITTLEWING:20151207153207j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207153211j:plain

っていうか、自虐芸って自覚はあったのねw

凶獣若手の顔となった以上、そんな自虐をするわけにはいかないということで

真面目にコメントする伏久(カメラのくだりはさておき)。

っていうか、本来はそれが当たり前なんですけどね(^^;;

 

かたや、言われなくとも真面目にコメントしてくれるであろう笠松

f:id:LITTLEWING:20151207153217j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207153221j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207153225j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207153230j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207153234j:plain

伏久をくせ者と認めた上で、将来のためいろんなレスラーと当たっておきたいと。

まあ・・・確かに伏久みたいなタイプはあんまりいないでしょうからねぇw

経験値的には貴重な相手なんじゃないでしょうか。

 

そして今回のコメントは・・・自腹で海外遠征してきた一二三。

いや、それ体よく断られたんだと思うんだけどね(^^;;

 そんな一二三ですが、自分と伏久どっちが強いかひまわりに聞いてみたり、

海外修行してきた今なら決勝だって行けるとか豪語してみたり

 なかなか本題に入ろうとしないんですが、結論としては

f:id:LITTLEWING:20151207154644j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207154647j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207154652j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207154656j:plain

f:id:LITTLEWING:20151207154700j:plain

ひまわりの言うとおり、ここは怒ってもいいところだと思うのw

っていうか、優等生の笠松をたった一言で苛つかせるあたり、

相手を挑発することには長けてるよね、一二三w

結局何の解説にもなっていないので、私の方から多少なりとも補足。

以前の記事でも書きましたが、両者とも7連戦では負け知らずの4勝。

 

笠松の対戦成績】

2014.11.13 VS中江いんこ[2-1]

2014.12.18 VS中江・片倉・榎下組(パートナーは岡部、姫麻呂)[3-0]

2015.02.12 VSキョンシー・赤鬼・青鬼(パートナーは聖光院、蓮根)[3-0]

2015.07.16 VS日向ひまわり[2-2]

 

【伏久の対戦成績】

2015.04.23 VS園原・半月・井ノ瀬・メンテ子(パートナーは綾野、冬崎、ざくろ)[2-2]

2015.06.04 VS南城ざくろ[2-2]

2015.07.16 VS冬崎ヤマト[2-2]

2015.08.13 VSキャリア赤城[4-0]

 

こんな感じ。笠松はタッグではワンサイドで勝ってますが、

これは笠松個人の力とはいえないので、シングルの方で見てみると

対ひまわり戦、中江戦とも余裕とは言えない感じ。

実際、どちらの試合ともぎりぎりまで結果のわからない勝負でしたしね。

しかし、伏久の方も直近の赤城戦こそワンサイドで勝っているものの、

実は身内との試合の方が苦戦しているという。

とはいえ、その身内との試合でもptではそれなりに余裕をもって勝っています。

これを試合に当てはめてみると・・・

序盤から中盤は、自分のペースに誘導した伏久が

試合をコントロールする可能性が高いけど

終盤までに伏久の戦い方を把握し、笠松が反撃に間に合うかどうか・・・

といった感じ?まあ、無理矢理感あるのは否定しません(^^ゞ

ちなみに私は笠松支援で。

優等生すぎる面も見られますが、頑張って欲しいレスラーの1人なので。

 

そして試合は・・・やはり伏久ペースで始まります。

 ハンゲだけは笠松優勢で3-1の状態がしばらく続きますが

折り返しを過ぎた頃、ニコで笠松が逆転して2-2に。

ニコではその後も差を広げ、ここはほぼ決まったかなといった状態。

更に、ヤバゲでも逆転して笠松が逆に3-1とリード。

が、伏久も負けじとヤバゲで再逆転。再度2-2へ。

これはこのままpt勝負・・・とはいかずまだまだ動きます。

残り2時間を切ったところでこれまでほぼ動きがなかった

mixi、ハンゲの両方で逆転劇が!

それって結局2-2のままってことなんだけど、

これだけ競っていると最後にどちらが勝っていてもおかしくはない状態。

ただ、pt勝負になった場合はニコで笠松が相当差をつけているので

その差だけでほぼ決まってしまうでしょう。

そして結末は果たして・・・?!

  

 

f:id:LITTLEWING:20151208005706p:plain

・・・ん?どっちよw

パッと見ではわからないくらいの超僅差でした。

あれだけ大差がついていたニコを、ラスト1時間で100万縮め

ハンゲでは接戦だったところから100万差をつけ

そして 終了ぎりぎりまでヤバゲで競った伏久ですが・・・

ほんのわずか、73,919pt差で笠松勝利!!

 

近年まれに見る大接戦でした!

0時になってもどちらが勝ったのかわからず、

結局結果が出るまでに約5分かかりましたからね(^^;;

 

しかしついに伏久が負けました。

やはり、自虐ネタを封印したのがいけなかったのでしょうかw

どなたかがつぶやいていたもので

今までの伏久は、勝ったら困る状況に追い込まれていたけど

今回は負けたら困る状況だったからじゃね?と。

うん、確かに!と思わず頷いてしまいましたw

 

とりあえず7連戦はまだ3試合残っていますが、ヤンドラ杯1回戦はこれで終了。

準決勝は偶然にもフラフラ対FWWWという構図となりました。

これはフラフラ同士の決勝、はたまたFWWW同士の決勝もありえるわけで

早いところこの準決勝見たいですねー。

広告を非表示にする