読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

「この世界がゲームだと俺だけが知っている」6巻

この世界がゲームだと俺だけが知っている 6

この世界がゲームだと俺だけが知っている 6

 

 危険なモンスターが蔓延る地域に墜落した魔封船。

その船には、ソーマを追ってやってきたトレインちゃんことイーナが。

助けに行きたいけれどあまりにも遠すぎて間に合うはずがない。

そこで、ソーマはトレインちゃんにプロポーズして「結婚イベント」を発動。

この「結婚イベント」は発動すると魔王が突如現れ、

「不老不死の祝福」の名の下、攻略可能キャラのことごとくから時間を奪い

石像のようにしてしまうという猫耳猫最大のトラウマイベント。

しかし、これにより時間が止まったトレインちゃんは

モンスターに命を奪われる心配がなくなるという逆転の発想。

とはいえ、多くの人が固まったままの状態で、これを解くには魔王を倒すしかない。

残された時間は10日。果たしてソーマは10日以内に魔王を倒すことが出来るのか?!

 というわけで始まった6巻ですが、

普通にやったら10日で魔王を倒すとかムリゲーなわけで。

それでも、魔王を弱体化させるイベントをある程度こなし、

仲間の装備の充実化やレベル上げと

時間内にやれることをできる限りやって、ついにたどり着いた魔王城。

 

しかしそこはマグマが煮立った池に囲まれており近づく事も出来ない。

本来はここでアイテムを使って橋を架けるのだけれど

そのアイテムは入手するまでに1ヶ月以上かかるために今回は使えない。

そこでソーマが取った行動はタイダルウェイブ連発。

名前で想像つくと思いますが、津波を起こす魔法です。

マグマの池を薄めるだけにとどまらず、

あわよくば魔王城内のモンスターを弱らせることも出来れば

という企みだったんですが・・・

魔 王 溺 死

これは酷いw

こんなひどいやられ方した魔王初めて見ましたよ(^^;;

この魔王、HPが残り少なくなるといわゆる

「そろそろ本気を出すか」

モードで大幅に強くなったりもするんですが、

大量の水相手にはどうすることも出来ずそのまま溺れてしまったと。

ソーマ自身も魔王に勝つため、

3倍の速度でもスキルキャンセル出来るよう特訓してたのに

全く使わずに勝利とかどういうことよww

Web版でこれ読んだとき、思わずモニターにツッコミ入れましたからねw

 

そんなわけで、魔王を倒してハッピーエンド・・・とはならないのが猫耳猫。

まだまだソーマの珍道中は続きます。

広告を非表示にする