広告   

【リングドリーム】井上、進退をかけた戦い?

f:id:LITTLEWING:20150816171409j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171414j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171418j:plain

KOM初戦を吉井と戦って勝利した加藤。

早速とばかりに次の対戦相手、豪徳寺の所へ。

はやる気持ちはわかるけど挨拶わすれちゃイカンw

  

f:id:LITTLEWING:20150816171423j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171428j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171432j:plain

何この漫才ww

 

f:id:LITTLEWING:20150816171442j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171447j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171454j:plain

とはいえ、元々次は豪徳寺とやることになっていたので、

試合することには全く異存はないと。

それどころか、良い機会を設けてくれたと感謝するほど。

 

f:id:LITTLEWING:20150816171521j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171527j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171533j:plain

しかし、その最後の砦である井上の身体は既にボロボロの状態。

87年デビューの最年長、しかも神崎、一ノ瀬が荒れていた頃にもやりあっており、

一ノ瀬はその時の無茶が元でボロボロになっているのだから

井上だって無事なわけはない。(神崎はまあ・・・うん)

 

f:id:LITTLEWING:20150816171537j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171541j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171544j:plain

そんな状態ではあるけれど、まだまだ若い奴らには負けないと思いつつ、

自分を超えていって欲しいという気持ちもあり、矛盾した気持ちを抱える井上。

 

f:id:LITTLEWING:20150816171548j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171551j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171554j:plain

KOMで負けたら引退するのでは?と心配する豪徳寺に対して

他の面子が情けないようなら、KOMのベルトは当分自分が預かると

まだまだ現役でいることをほのめかす井上。

でも、それは逆に任せてもいいと思う選手がいれば、

心置きなく引退する・・・とも取れなくはない?

f:id:LITTLEWING:20150816171558j:plain

f:id:LITTLEWING:20150816171602j:plain

 豪徳寺としても、井上にはまだまだ現役でいて欲しいと思いつつ、

井上超えをいつまでも出来ないのでは情けないと。

だったらKOMで自分が勝ち上がって、直接井上に引導を渡してやろうじゃないか!

 

そんな2人のやりとり・・・いいですね。

女子プロレスでの引退試合というと、

やはり新しいところで長与千種引退試合を思い出します。

相手を務めたのは、愛弟子の里村芽衣子。

最後に「スコーピオ(ライジング)を出せ!」と叫んだ長与

そしてそれに応えた里村。

あんな感じの展開あると熱いんですけどねー。

もっとも、それを実現させるためには豪徳寺が勝ち上がらないとね。

(ちなみに、上記の長与は2度目の引退で、

 最近またリングに上がっているようですがw)

広告を非表示にする