広告   

【リングドリーム】RISING SUMMIT 4試合目 田中えり子 VS 薬師寺いろり

f:id:LITTLEWING:20150808155047j:plain

「RISING SUMMIT」4試合目は「田中えり子 VS 薬師寺いろり」。

いろりのデビュー戦から11ヶ月・・・

そのいろりからのラブコールにより再度この対戦が実現!

 

過去の対戦、および再戦までの流れについては上の記事を参照ということで、

今回の興行では唯一何もかかっていない試合なんですが

(セミは女帝直下筆頭の座がかかっているので)

もしかしたら最も熱くなるのがこの試合なのでは?と思われるくらいの注目カード。

実際、昨年のデビュー戦もかなり白熱したので、

今回も熱い戦いが期待できるのではないでしょうか。

それでは早速いろりのインタビューから聞いてみましょう。

f:id:LITTLEWING:20150809094956j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809095000j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809095005j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809095010j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809095014j:plain

昨年の9.11、デビュー戦の時にはまともに喋る事も出来なかったいろりが

今回はこの試合への、そしてえり子への想いを語ります。

前回は空手家として挑んで「プロレスラーのスタミナ」の前に屈しましたが

あれからいろりも同じようにスタミナをつけ、

f:id:LITTLEWING:20150121173529j:plain

更には空手の打撃だけではなく、プロレスとしての打撃の組み立て、

更にその打撃に相性の良い投げまで教わり、

空手家としてではなく、プロレスラー薬師寺いろりとして再度えり子に挑みます!

 

対するえり子は

f:id:LITTLEWING:20150809095059j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809095103j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809095110j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809095117j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809095121j:plain

ここまで来たらもう言葉は不要!

前回同様、今回も真っ正面から受け止めて、その上で勝ってやるよ!と。

相変わらずえり子△。

 

そしてコメンテーターは中津井。

f:id:LITTLEWING:20150809140441j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809140447j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809140451j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809140455j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809140459j:plain

f:id:LITTLEWING:20150809140505j:plain

試合展開に関しては、中津井に聞くまでもなく正面からの殴り合いになるでしょう。

ただし、その場合はやはりいろりが有利?

デビュー戦ではまだプロレスというものに慣れていなかったけれど

今はその点での不利は無し。しかし、打撃の強力さは至って健在とくれば

そう判断されるのもわかります。

しかし、それでも正面から向かっていくのがえり子でしょ?と。

中津井さん、よくわかってらっしゃる!

 

この流れだと、えり子支援・・・と言いたいところですが、

前回も私はいろり支援でしたし、何よりも「対等な立場でタッグを組みたい」

といういろりの心意気に応えてやりたいので、今回もいろり支援で!

 

ただ、たった1年で覆るほど甘い世界ではないんだけどね・・・

なんて意見も見かけました。

ずぶの素人なら確かにその通りでしょう。

しかし、いろりには空手の元日本王者という大きなアドバンテージがあります。

実際、相撲から転向した北尾はデビュー戦でビッグマッチを・・・

え?その話は駄目?そうですか・・・。

でもそれ以外でも、ヘビー級ボクサーだったトニー・ホームは

90年に来日、新日で異種格闘技戦で橋本に勝利。

91年にプロレスラーに転向、そして翌年にはスタイナー・ブラザーズに勝利して

IWGPタッグのベルトを巻いているわけで。

タッグとはいえ、この頃のスタイナー・ブラザーズって本当に強かったんですよ。

なので、他の格闘技経験があれば、1年でも覆す可能性はあると思うわけですよ。

 

そして試合は互角の勝負・・・とは行かず、

ニコで一人桁違いの人がひた走り、いろり圧倒的優勢!

mixiのみ良い勝負に見えますが、残り2PFはいろり優勢。

このままだと、ニコ以外の3PFを取らないとえり子が勝つ見込みはなさそう。

しかし、昨年も同じ状況から逆転しているだけに最後までわかりません。

終盤には、ヤバゲで1分の間に4回入れ替わる超接戦も。

そして最終結果は・・・ 2-2でpt勝負の結果、いろり勝利!

mixiでは常にえり子が若干リードを常にキープしてたんですが、

ヤバゲでの超接戦をも制して何とかpt勝負までは持ち込んだのですが、

ニコの680万差を埋めることはさすがに出来ませんでした。

 

でも、結果的には2-2の好勝負でいろりが勝ち、

対戦成績も五分にした上でタッグを組む話になるので、

形としては良い結果となったんじゃないでしょうか。

広告を非表示にする