読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

「フェアリーテイル・クロニクル」7巻

感想とかレビューとか ラノベ

ダール編後半となる7巻です。 

 

 

6巻の記事で書いたように、バルドさん再登場の巻。

今回は2体同時の登場で、別行動中だったエアリス、アルチェム、

そしてナザリアといった各神殿の巫女を拉致し、

まとめて始末しようとするわけですが

こんなときのために?と録音しておいた春菜の歌声に苦しめられるバルド。

それにしても・・・般若心経デスメタルアレンジやら般若心経ゴスペルって

これを思い出さずにはいられないw

っていうか、これも色々アレンジあったはずなのよね(^^;;

 

まあ、その後は合体したバルド改めタワーゴーレムを

エキストラスキル連発で倒してめでたしめでたしだったわけですが

それよりも今回印象に残ってしまうのは

宏が女性恐怖症&チョコレート恐怖症になった原因となる出来事。

 

・バレンタインデー、自分の机に差出人不明のチョコが

・それに気付いた女子生徒が宏を複数人で押さえつけて無理矢理食べさせる

・しかしそのチョコ、傷んだ生の挽肉入り

・当然食中毒となり、三日三晩生死を彷徨う

・チョコを無理矢理食べさせた女子生徒が見舞いを装って罵詈雑言

・そんなこともあろうかと、宏の男友達が現場を録画していてネットに拡散

・表沙汰にされた女子生徒が逆恨みして殺人未遂

 

・・・そりゃあ、ねぇ(^^;;

っていうか、女マジこええw

広告を非表示にする