広告   

「るろうに剣心 京都大火編」見て来ました

土曜のことになりますが、「るろうに剣心 京都大火編」を見て来ました。

マンガの実写化については基本否定派な私ですが、

るろ剣は前回の映画もかなり良い出来(ただし牙突は除く)だったので

今回もとりあえず見ないわけには!という感じで。

 

大まかな流れ、というか原作との違いを箇条書きするとこんな感じ。

 

・いきなり斎藤VS志々雄・・・が建物倒壊により中断

・宗次郎のけんけんぱ

 片足をトントンやる仕草は原作でもあったけど、けんけんぱは何なんだよw

斎藤が既に登場しているため、左之助をぶちのめす役目が蒼紫に

蒼紫、志々雄側に勧誘されず独力で抜刀斎を探し回る

 「抜刀斎はどこだ?」以外ほとんど喋ってなかったような・・・w

 あと、御庭番衆との戦いが実写版では存在しないため、

 蒼紫の抜刀斎に対する執念にどうも違和感が・・・。

新月村では尖角登場せず

左之助と安慈出会わず。あれ?二重の極みは?

 その割には左之助が京都に着くの遅かったけど、斬馬刀なんて持っていたからか?w

・方治やたらとハイテンション(原作でも五月蠅いっちゃ五月蠅いけどw)

・張、ホウキ頭ではなく大阪のヤンキー

 逆中空納刀はさすがに無し。簿刃乃太刀も当然無し

・京都大火はよりド派手に。どでかい火種?はホント迫力ありました

・剣心VS志々雄多数とかどこのホラーだよw

・京都大火に参加した十本刀は宗次郎のみ。その宗次郎に薫が拉致される

・煉獄出航に間に合うのは剣心のみ。大阪まで馬1頭でよく行けたなとか言わないw

・剣心VS十本刀・・・って、十本刀全員いるだと?!

 まさか不二までいるとは思わなんだ・・・さすがにでかくはなかったけど

・薫が海に蹴り落とされたため、剣心もそれを追って海へ

・福山演じる「謎の男」・・・一体何者なんだ?(棒

 

とりあえず、謎の男(笑)が気を失った剣心を助けたところで今回は終わったわけだけど、

このままだと志々雄が煉獄で東京攻めてしまうんですが・・・(^^;;

斎藤もそのことは読んでたみたいだし、

剣心より遅れて斎藤&左之助煉獄に到着して阻止・・・

ん?そういえば左之助って、炸裂弾もらってないよね?

先にも書いたように二重の極みも覚えてないよね?

・・・煉獄止める術がねぇ(^^;;

 

その辺り一体どうなるのか、答えは来月の「伝説の最期編」を待つべし!

広告を非表示にする