読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

マリア様がみてる「レイニーブルー」「パラソルをさして」

ちょっと他の作品でマリみてネタが出たもんだから

旧サイトであげてた日記みたいなのを掘り起こしてみました。

ネタで使われたのは「パラソルをさして」ですが

レイニーブルー」からの続きが「パラソルをさして」になるわけで

まあ・・・内容分からずとも蛇の生殺しだというのはおわかり戴けるかと(^^;;

 

マリみて”10冊目、『レイニーブルー』を読み終えました。
今回はなんと3本立て!!!

白薔薇黄薔薇紅薔薇の姉妹にそれぞれトラブルが発生します。
白薔薇は、乃梨子ちゃんを妹にするかどうかで、
黄薔薇は、心臓の弱かった由乃ちゃんが剣道部に入部するかどうかで。

チェリーブロッサム』の時にも書きましたが、
最近の志摩子さんは本当に魅力的になっちゃって・・・。(*^^*)
乃梨子ちゃんという存在が、志摩子さんを輝かせてるというのは、
確かにその通りだと思いましたよ♪

とりあえず、白と黄はそれほどもめることもなく(?)解決したので良かったんですが、
祐巳ちゃんと祥子様の問題は、簡単には解決しなかったんですよ・・・。
雨の中、泣き崩れる祐巳ちゃんを、元ロサ・ギガンティアである聖様にまかせ、
そのまま帰ってしまう祥子様。
このまま、紅薔薇姉妹は別れてしまうのか?!
そして、祥子様が祐巳ちゃんの誘いを断り続ける理由とは?!
先がもの凄く気になる展開となったところで、話は次巻に続く!

ところで・・・この話を読んで、

 

私は縦ロールがだいっ嫌いになりました。

 

ちくしょー!祐巳ちゃんを苦しめやがってぇ!!(--#

 

================================

 

マリみて”11冊目、『パラソルをさして』を読み終えました。
BGMは、『花降り月夜と恋曜日。』より、”つぼみのままで”。
私の中で、マリみてのイメージソングになりつつあります♪

レイニーブルー』の続きとなるわけですが、
傷ついて泣き崩れる祐巳ちゃんは見てられなくって・・・。
それでも、聖様とその友人(?)のおかげで少しは元気になって一安心。
と思った矢先、また縦ロールからきつい一言が。

 

すごくムカツクんですけど、この縦ロール。(--#

 

でも、後々祐巳ちゃんの方から和解を求めているし、
それ以降は祐巳ちゃんに振り回される羽目となるので、多少は溜飲が下がったかな?

そんな縦ロールの話は置いといて、この時祥子様の方も実はとんでもないことに。
あの気丈な祥子様が、とあることが原因でもの凄く落ち込んでしまいます。

 

しかも、あの祥子様が泣き出しちゃうんだもんなぁ・・・。(^^;;

 

これで、祥子様が泣くシーンは3度目なんですが、今回のが一番驚かされましたね。

さて、先日白薔薇姉妹がいいかもって書きましたが、前言撤回します。

 

やっぱり紅薔薇姉妹が最高でしょう!!ρ(⌒▽⌒)○

 

ちなみに私の好きなお話は、
マリア様がみてる』、『いとしき歳月(後編)』、『パラソルをさして』の3つ。

 

・・・どうやら私は、祥子様の涙に弱いらしい。(苦笑)

 

なにはともあれ、これで一通り読み終えましたので、また最初から読み直そうかと。(^^ゞ

 

================================

 

・・・とまあ、15年くらい前に書いた内容ですが

この当時は瞳子ちゃん嫌いだったのよね。

今となっては懐かしい話だわーw

 

マリア様がみてる―レイニーブルー (コバルト文庫)

マリア様がみてる―レイニーブルー (コバルト文庫)

 
マリア様がみてる―パラソルをさして (コバルト文庫)

マリア様がみてる―パラソルをさして (コバルト文庫)

 

 

広告を非表示にする